関東周辺での地震活動が活発化!【2020年4月3】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年4月3】本日の地震活動傾向

北海道東方沖に位置していた低気圧は今朝の時点で千島列島東方沖へと移動。「北海道周辺」への低気圧の影響は消滅しています。今日は全国的に晴れのお天気に。春らしい環境となりそうです。

本日2020年4月3日の地震活動傾向!

本日2020年4月3日は庚子年の「先勝」。そして「シーサーの日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(2日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変動はなく、適度な地震エネルギーの発散が継続しています。特に目立った動きはなく、中規模地震は遠方エリアでの下記のみ。

*4月2日19時08分 宮古島近海 M4.5 震度3

気になる要素はありませんでした。

そんな中、想定していた動きとして「関東周辺」「伊豆諸島周辺」にて地震活動が促進しています。

発達した低気圧に伴う”強い気圧変動”の影響として、地震活動が誘発されてきています。有感地震こそありませんが、「関東周辺」「伊豆諸島周辺」それぞれで微小・小規模地震が多数発生しています。

本日(2020年4月3日)の地震活動傾向

本日(2020年4月3日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日は全国的に晴れのお天気に。昨日と比較してやや地震が表面化しやすい気象環境となりそうです。

今朝の時点で地震誘発要因はありませんので、本日も地震活動に大きな変化・変動はないものと考えます。

昨日よりも地震活動が増加するのではと推察。ただ、表面化する動きは増えても、わりと安定感のある地震活動状況にて推移するのではと考えています。

本日、注視すべき要素となるのが

*「気圧変動」による余波
*マグマ活動促進の影響

です。

「気圧変動」の影響は「関東~北海道の太平洋側エリア」が対象に。

「マグマ活動」の影響は「霧島火山帯周辺」「富士火山帯周辺」が対象となります。地震活動だけでなく、火山活動の変化にも要注視で。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。ただ、今朝になって弱いながら「電磁波系体感」が感じられるようになってきています。

「関東周辺」での地震活動がかなり活発化しているもよう。地震前兆の有無に関わらず、複数の有感地震の可能性を念頭にしておきたいと思います。

4月の地震活動傾向&特性

今月「水陰月」の地震活動傾向及び特性に関して、本日午前中(11時頃)にこちらのレジまぐ版メルマガにて情報配信予定です。今月は【水陰エネルギー】の作用に要注視の期間となります。

長期戦の感染症対策

現在、東京都などの都市圏にて新型コロナウイルスの感染が急激に広まってきています。

個人的には、もともと日本において「5月」が感染のピークとなるのではないかと推察しているのですが、いまの流れは、想定に沿った推移と感じているところです。

ピークが過ぎたとしても、急激に感染が無くなるわけではなく、おそらくは何度か流行の波が訪れてくることに。「長期戦」を念頭にして感染症対策が必須となりそうです。

そうなると、今後は「自然環境の変化」にどのように追随していくかがポイントに。

*高温
*多湿

への変化を意識しておくことが必要となります。

特に今後、長期的に外出する時に「マスク」は必須アイテムとなりますからね。高温多湿の環境下でマスクを着用することを念頭にしておかなければいけません。

現在、様々な業種の企業がマスクづくりを始めているところ。今後は様々な素材・タイプのマスクが流通してくるものと考えられます。

現時点でも、例えばこちらの「水着素材で作られた伸縮マスク(カーゼ付き)」など、個性的な特徴を有したマスクが登場しています。

自分のライフスタイル及び自然環境(高温多湿など)に応じたマスクを選ぶことも大切な要素となりそうです。

トライアルセット300×250