地震発生数は減少傾向にて推移【2020年4月7】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年4月7】本日の地震活動傾向

新型コロナウイルスへの対策として、本日夜にも主要7都市(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、福岡県)を対象に緊急事態宣言が発令される見込み。

今夜の発令に伴い「8日午前0時」から緊急事態宣言の効力が生じることとなる予定です。

緊急事態宣言に伴う具体的な対応は「各自治体」にて定め、実行されていくこととなります。基本的には「人の行動抑制(外出自粛)」を促す内容となるものと思われます。

緊急事態宣言が発令されたことで変化が生じる可能性があるのが

・各企業(会社)の対応

でしょうかね。ここまで「テレワークの活用」などが注目されていましたが、まだまだテレワークを本格的に活用できているのは一部の会社のみ。

「就業時間の見直し」「休業」「仕事の仕方」など各企業ごとに、様々な対応が実施されていくこととなりそうです。

とにかく・・「電車の人密度(混雑)」を無くすことに繋がることを期待しています。

本日2020年4月7日の地震活動傾向!

本日2020年4月7日は庚子年の「大安」。そして「世界保健デー」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(6日)の地震活動状況

昨日は「北海道・青森県周辺」では低気圧環境が継続。「西日本~関東周辺」では高気圧環境下となりましたが、地震活動に大きな変化はなく推移しています。

全体的な傾向としては、有感地震発生数は減少しています。中規模地震も生じていません。特に気になる動きなどもありませんでした。

ただ、微小・小規模地震は表面化傾向が継続。適度な地震エネルギーの発散は行われています。

昨日(6日)の火山活動状況

先週末から「マグマ活動」が活力を増していますが、昨日霧島火山帯に位置する「口永良部島」にて噴火が発生いたしました。

*4月6日7時40分 口永良部島の噴火活動が発生

現時点で大きな被害は確認されていないようです。

この噴火活動が表面化してきてことは、十分想定内の動き。今のマグマ活動状況を考えると火山活動の表面化は納得できる推移と言えます。

マグマ活動の影響に関して、しばらくの間、推移・動向をしっかり観察しておきたいと思います。

本日(2020年4月7日)の地震活動傾向

本日(2020年4月7日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

今朝も「北海道・青森県周辺」では低気圧の影響が残る気象環境となっています。ただ、時間経過とともに徐々に低気圧の影響力は消滅していく見込み。

気象環境の変化に伴い地震活動は表面化傾向へと転じていくものと推測しています。

自然エネルギー環境としては、昨日同様に【水】環境が継続することに。地震がやや表面化しにくい自然環境が続くものと推察しています。

基本的に本日も地震活動に大きな変化・変動はないかと。地震発生数も昨日と大きく変化することはなさそうです。(有感地震発生数は少な目にて推移見込み)

あまり地震のことは気にすることなく過ごしておきたい一日に。

本日、主に注視しておきたいのが

*マグマ活動動向

です。

潜在的な動きとしてマグマ活動が促進中。関連した火山活動・地震活動の変化有無などに注視しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にも特に感じられる要素はありませんでした。

「感染症」と「自然災害」

「感染症」と「自然災害」

何時の時代においても「自然災害と感染症の同時発生」は最も注意すべき要素として捉えられてきました。

自然災害(地震など)によって

・医療機関の損傷
・交通網の遮断(道路・鉄道などの損壊・トラブル)
・生活物資の流通の滞り

などが生じた状況下にて、感染症が流行してしまうと通常であれば、大したことがない感染症でも「人の命を奪ってしまう」脅威となる可能性があるからです。

ゆえに、自然災害に対する防災要素(防災準備)のひとつとして「感染症の予防」はとても大切な要素となっています。

ただ、今の状況は逆で

世界的に未知なる感染症が大流行している環境。

感染症がすでに存在しているわけです。

この状況下で起きる自然現象(地震など)は通常であれば、大きな災害にはつながらないものであったとしても、重大な被害を生じさせてしまう可能性があることに。

「地震」に関して言えば、平時でれば”軽度のケガ”であれば、特に問題はないものの、今は可能に限り「軽度のケガ」などを負わないように心がけておきたいもの。

そういう意味であらためて

*家具の固定
*家の中の整理
*高い所に物を置かない

など居住環境を整えておきたいものです。

特に案外疎かになっているのが「冷蔵庫の固定」です。

手軽に接着固定できる冷蔵庫用の固定用具(冷蔵庫ストッパー)などがありますので、ぜひ、この機会に冷蔵庫の固定をしておきましょう。