地震情報報告(2019・5・10)「日向灘 M6.3」

今日の地震情報

九州

早朝に「地震活動状況」をチェック・検証した後に、ブログ記事を執筆UPしたのですが・・。どうやら、記事執筆中に、少々地震活動に目立った動きがあったようですので、あらためて、地震情報の報告をしたいと思います。

宮崎沖(日向灘)での中規模地震情報

先ほど、「日向灘(宮崎県沖) M6.3」という中規模地震が発生いたしました。

ただ、あらためて、地震活動推移をチェック・検証すると、一時間ほど前に、ほぼ同じ震源域にて、前震となる中規模地震が発生していました。

*5月10日08時48分 日向灘 M6.3 震度5弱
*5月10日07時43分 日向灘 M5.6 震度3

今回の地震は、「前震+本震」パターンの地震活動となります。

地震活動の推移

レジまぐ版メルマガにて、「鹿児島沖・宮崎沖周辺」での地震動向をお伝えしてきていましたが。

ここまでの推移をあらためて整理すると。

先週(4月末~5月4日)、全国的に地震活動が「抑制」される形となりました。「宮崎沖周辺(日向灘)」でも、地震活動が抑制されたものと判断しており、今週(5日~)、その反動が表面化してくる可能性に注視していました。

そんな中、昨日から「霧島火山帯周辺でのマグマ活動」が活力を急増。火山活動が促進されることに。

この”マグマ活動の活発化”の影響も受ける形で、今回の「日向灘 M6.3」が生じてきたものと捉えています。

「日向灘 M6.3」の今後の影響

今回の「日向灘 M5.6(前震)」「日向灘 M6.3(本震)」は、フィリピン海プレート上境界面周辺で発生した「プレート境界型地震」と判断しています。

ですから、直接的に”マグマ活動”によって、誘発されたわけではなく、”フィリピン海プレートの動き”に伴って誘発されて来た中規模地震となります。

ここで、問題となるのが

*フィリピン海プレートの動きに変動が生じて来たのかどうか

ということ。

現時点では、まだ検証できていませんので、今後一日程度の推移を観察した上で、判断できればと思っているのですが・・。

風エネルギーの威力が増す中、フィリピン海プレートの動きが活性化&促進されてきたとするなら

*「日向灘 M6.3」の影響にて、さらなる地震が誘発されてくる可能性あり。
*今回の地震とは無関係ながら、フィリピン海プレートに関連したエリアにて、中規模以上の地震が表面化してくる可能性

に注視が必要となります。

今後の推移を見極める上で、今日一日の地震活動動向が大きなポイントとなりそうです。

今後の上記懸念要素に関しては、何か気になる方向性が見いだせた時には、こちらのレジまぐ版メルマガにて、情報提供していく予定です。

今週末の地震活動動向及び火山活動動向には、要注視ですね。

※追記:5月11日

一日経過観察をした情報をもとに、「日向灘 M6.3」による今後への影響の考察を今朝レジまぐ版メルマガ(臨時情報)にて、配信いたしました。

病気とは診断されないものの・・長引く体の不調。

そんな”未病(みびょう)”と呼ばれている状態は、本人にとって、なかなか辛いものです。

そんな未病へ対策として、注目されてきているのが「糖鎖栄養素を補給する」こと。

・糖鎖栄養素とは何か?
・糖鎖栄養素を補給する方法とは?

といったことは、こちら:TOSAPLUS(トウサプラス)糖鎖栄養素サプリメントをご参照いだたければと思います。

2019年5月11日今日の地震情報中規模地震, 地震情報, 宮崎県沖

Posted by poppo