【2019年6月27日】体感地震予測※熱帯低気圧の動向&影響に注意

今日の地震情報

6月の台風

梅雨入りがかなり遅れていた、「九州北部・近畿地方」にて、ようやく梅雨入りとなったようです。

「東北北部」の方がかなり早く梅雨入りとなっていましたので、なんとなく、「今梅雨入り??」と違和感を感じる人もいるかもしれませんね。

本日2019年6月27日の地震活動傾向!

本日2019年6月27日は己亥年の「大安」。「ちらし寿司の日」なんだそうです。

そんな本日の地震活動傾向をみていきましょう。

昨日(26日)の地震活動状況

昨日は今月の地震注意期間の初日となりました。

一昨日、地震発生数が低下していたのですが、昨日は東日本を中心に地震活動が表面化傾向となっています。

有感地震の発生数も増加。微小・小規模地震が増えています。

そんな中、下記のような中規模地震が発生しています。

*6月26日13時17分 北海道東方沖 M4.5 震度2

地震活動としては、特に気にする必要はない動きで、今後への影響もないものと判断しています。

ここのところ促進されていた太平洋プレートの動きに関連した、適度な地震エネルギーの発散のひとつと考えています。

本日2019年6月27日の地震活動傾向!

今日は南から熱帯低気圧が接近。その影響で全国的に雨の天気となる見込みです。

現在、「金+火エネルギー」に荒々しさが増し、変動が生じていますので、天候への影響もやや激しくなるものと推察。

*激しい雨
*雷

に要注意となります。

”熱帯低気圧”は”台風”へと発達する可能性がありそうな気配。

台風となった場合には、「台風エネルギーの影響」も生じてきますので、推移をしっかりと観察しておく必要があるものと思っています。

この熱帯低気圧(台風予備軍)の影響は今日だけでなく、明日も継続する見込み。影響期間が長くなりますので、被害が生じやすい状況に。

そんな気象推移を念頭にした行動計画をたてておきましょうね。

「被害の有無」は、人の行動(準備・心構えの有無)によって、左右されますので。

今日の時点ば、主に「西日本」にて熱帯低気圧の影響が強まるものと考えられます。

ゆえに、「東日本・北日本」では、本日も地震活動が表面化傾向にて推移するものと推測しています。

適度な地震エネルギーの発散のみならず、突発的な「断層型地震」にも注視しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、新たな地震前兆は感じられていません。

かさ増しされる「水エネルギー」の影響

金エネルギー環境下の”雨”にて注意が必要なのが

*水エネルギーの威力がかさ増しされる

ことです。

同じ水エネルギー量(雨量)だったとしても、金エネルギー環境下では、その影響力が大きくなるということ。

ゆえに、ちょっとした”大雨”だったとしても、侮ってはいけません。

特に、毎年一定数の事故といいますか被害が出ているのが

*河川・水路などの水かさが増える状況を見に行って、そこで水に流されてしまう

という死亡事故です。

このようなケースは、まさに自然災害ではなく、人的災害と呼べるもの。

雨が降る前に現状確認や対策準備に向かうのは良いとして、実際に雨が降っている状況下では、むやみに河川・水路に近づかないことが大切です。

そんなに水量が多くないと思っていても、金エネルギー環境下では、水の威力が増していますので、尚更危険なので。

また、通常の雨の時には大いに役立つ「長靴」ですが・・。

道路が冠水。川のような状況とっなた時に、「長靴」を利用することは危険なので、避けるようにしましょう。特に、子供たちにとってはね大きな危険要因となります。

冠水しているようなとき、長靴を履ていると、長靴の中に水が入り、重さが増加。

歩きにくくなるだけでなく、水の流れに、さらわれてしまいやすくなるのです。

冠水時には出歩かないのが基本ですが、避難をするときには、しっかりと靴紐で結べるタイプの靴(通気性があるほうがいいかと)を選択するようにしましょう。

突然の雨に対応。様々なタイプの靴上から使用する使い捨てタイプの雨用靴カバー

梅雨季節にて雨具の”透湿性”がとても重要。高透湿性のレディース・カジュアルレインスーツ。

2019年自然民族診断!【25種類自然民族】運勢ランキング