風エネルギーの増加に伴い、自然界の様々な要素が活力を増してきています。

身近では、沢山の木々が芽吹いて、花が咲き。活力のある姿を感じさせてくれています。

そんな中、昨日「火山活動」に変化が見られました。今日は、火山活動を中心に現状をお伝えしたいと思います。

本日2019年5月10日の地震活動傾向!

本日2019年5月10日は己亥年の「先負」です。そんな今日の地震活動傾向をみていきましょう。

昨日(9日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化は無く推移しています。適度な地震エネルギーの発散が継続する流れとなりました。

微小・小規模地震が中心で、中規模地震の発生はなし。特に取り上げるべき地震活動はありませんでした。

昨日(9日)の火山活動状況

対して、変化を感じさせたのが”火山活動”です。当ブログ上でも、今月(5月)は風エネルギー月であり、風の活性力が生じることから、「マグマ活動が活力を増していく」形で推移していくものと推測していることをお伝えしてきました。

本格的な風エネルギー環境となったことで、マグマ活動が活性化。昨日は、2つの火山(阿蘇山、吾妻山)にて、火山活動の変化・活発化が感じられることとなりました。

「阿蘇山」では、高さ900mほどの噴煙が確認されています。

ここまで、継続的に火山活動が活力を増している状況。今月中(5月)には再び、噴火活動が表面化してくる可能性があるものと推測しています。

一時期、火山活動(マグマ活動)が弱まったと言われていた(気象庁の判断にて)、「吾妻山」ですが、昨日、火口付近にて火山活動の促進を感じさせる兆候が見られたとのこと。

噴火活動に繋がっていく可能性が出てきました。

私的には、先月を含めて、継続的に観察・注視している対象(噴火活動の可能性のある火山)となっており、風エネルギーが増す中、火山活動の兆候が見えてきたことには、納得しています。

こちらも、今月中に噴火活動が表面化してくる可能性を念頭に、引き続き注視しておきたいと思います。

本日(2019年5月10日)の地震活動傾向

本日は、全国的に晴れのお天気となる模様。やや地震が表面化しやすい気象環境となりそうです。

現時点にて、地震前兆と思える要素は感じられていませんが、「地震エネルギー変動」が感じられた地域が複数存在しています。(レジまぐ版メルマガにて報告済)

この地震エネルギー変動が地震活動へと繋がっていく可能性もありますので、まずは、推移を観察。地震前兆の有無に注視しておきたいと思います。

今朝の時点で、地震誘発要因は見当たりませんので、基本的に本日も地震活動に大きな変化・変動はないものと考えています。

多少、太平洋プレートに関連したエリアにて、揺れる程度の中規模地震が発生してくる可能性はありますが、いずれにしても、気にする必要はない程度の動きかと。

あまり、地震のことは気にすることなく過ごしていただければと思っています。

ただ、マグマ活動の促進に伴って

*鹿児島県・宮崎沖周辺
*伊豆諸島周辺

などで、地震活動が誘発されてくることには注視しておきたいと思います。

今週末は

*地震活動の変化の有無
*火山活動動向

が主なる観察ポイントに。目立った動きが表面化してくる可能性があるものと考えています。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にも特別取り上げるべき要素はありません。

運気を変化させる10の要素

ここまでにも、今年(2019年)は、「開運」を積極的に呼び込むのに適した年(金陽エネルギー年)であることをお話してきましたが。

「開運」を得る上で、まずは「運気を変化させる」ことが必須な要素なります。

*開運=運気変化

と思っている方も少なくないかもしれませんが、「開運」と「運気の変化」はそれぞれ別の要素なんですね。

順番としては、まず「運気を変化させる」ことが出来た後に、「正しい方向へと歩む」ことで、「開運」がもたらされることとなります。

ですから、「運気が停滞している」「運気が悪い」と感じた時に、まずは「運気を変化させる」ことが、最初のアクションとなるわけです。

身近な出来事にて、「運気を変化させる」要素にもいろいろありますが、主なる運気を変化させる要素に関しては、こちらの記事:運気アップに繋がる開運要素「10選」をご参照いただければと思います。

現在提供中の地震予測関連情報コンテンツ

  1. 【最新】地震予測情報コンテンツ一覧!ブログ・メルマガ・SNS