【2021年4月7日地震情報&予測】体感情報&太平洋プレート関連の地震促進

今日の地震情報

【2021年4月7日地震情報&予測】

昨日は空気の冷たさ&心地よさを感じられる【水】環境となりました。自然の周波数が高まってきているといいますか、良質な自然エネルギー環境へと生まれ変わってきている・・そんな状況です。

本日2021年4月7日の地震活動傾向!

本日2021年4月7日は辛丑の「先負」。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(6日)の地震活動状況

昨日(6日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日も地震活動に大きな変化・変動はなく推移。東日本・北日本を中心に適度な地震エネルギーの発散が行われています。

想定通り、太平洋プレートの動きに関連した地震活動が活発化。昨日は新たに「北海道東部周辺」にて地震活動が多数表面化することとなりました。

そんな太平洋プレート動に関連した中規模地震としては下記のような動きが生じています。

*4月7日 05時10分 宮城県沖 M4.0
*4月7日 01時44分 根室半島南東沖 M4.2

いずれも直接的な影響はほぼ無し、特に気になる要素も見当たりませんでした。もちろん今後への影響もないものと判断しています。

本日(2021年4月7日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」にて本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日は全国的に晴れのお天気に。昨日よりも気温が高まる見込みです。

「太平洋プレートの動きに関連した地震活動」はさらに促進されるものと推測。そして本日は「マグマ活動に関連した地震活動(霧島火山帯周辺、富士火山帯周辺)」も促進されるのではと推測しています。

主に

*鹿児島県・宮崎沖周辺
*伊豆諸島~長野県周辺

にて地震活動が活発化するのではと考えています。

太平洋プレート動に関連した地震活動も本格化のタイミングを迎えているものと推察。有感地震の数が増加する可能性を念頭にしておきたいと思います。

とはいえ、あくまでも適度な地震エネルギーの発散の範疇。揺れる程度の中規模地震が対象ですので、基本的に本日も地震活動に大きな変動はないものと考えています。

「マグマ活動」は着実に活力を増していくことに。今後「二週間くらい」を目安にマグマ活動に関連した地震活動&火山活動が複数顕在化してくる可能性あるものと推測しています。

地震前兆の有無

今朝になって、「耳鳴り系体感」を感知することができました。地震前兆が表面化した可能性があるものと考えています。

同時に今朝の自然状況を観察すると地震エネルギー変動が感じられるエリアが複数存在していました。(具体的な見解は今朝のレジまぐ版メルマガにてご報告)今後五日間程度を目安に中規模地震が表面化してくる可能性に注視しておきたいと思います。