地震注意期間の二日目【2020年8月5日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年8月5日】本日の地震活動傾向

昨日は東北でも猛暑日となった地域があったようです。急に真夏の環境へと変化していますので、まだまだ心身が暑さに慣れていない人も少なくないかと。積極的な暑さ対策を忘れないようにしたいものです。

本日2020年8月5日の地震活動傾向!

本日2020年8月5日は庚子年の「先負」。そして「タクシーの日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(4日)の地震活動状況

想定していたように昨日も地震活動に大きな変化はなく、地震発生数も少な目にて推移することとなりました。

全体的に地震エネルギーが蓄積傾向となっています。

そんな中、関東周辺にて下記のような中規模地震が発生しています。

*8月4日20時21分 房総半島南方沖 M4.7 震度2

地震規模のわりに”揺れ”が小さく、伝達範囲も狭い地震となっています。近距離圏で発生した中規模地震だったのですが地震に気が付かなかった人も多いのではないでしょうか。

まったく気にする必要はない動きで今後への影響もないものと考えています。

昨日のブログ記事でもお話していましたが、昨朝から「電磁波系体感」を断続的に感知することが出来ていました。その後、地震前兆の可能性を感じる電磁波系体感も感知。結果として上記中規模地震が表面化することとなりました。

昨日の電磁波系体感は上記地震の直前前兆を感知したものと判断しています。

本日(2020年8月5日)の地震活動傾向

本日(2020年8月5日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日も一部「北海道周辺」を除いて高気圧環境下に。やや地震が表面化しやすい気象環境が続くこととなりそうです。

「地震エネルギーの蓄積傾向」も継続するものと推察。地震発生数は少な目にて推移するものと考えています。

本日は「地震注意期間の二日目」です。昨日注視期間に突入早々に中規模地震が表面化してきたように、本日も地震前兆の有無に関わらず、揺れる程度の中規模地震の可能性は念頭にしておいていただければと思います。

現在、地震活動が表面化傾向となっているのが

*関東周辺

太平洋プレートの動きに関連した地震活動が促進中で、今日も複数の有感地震が表面化してくる可能性がありそうです。

また【火】の増加に伴い、マグマ活動が着実に活力を増している状況。

*マグマ活動に関連した地震
*火山活動(噴火)

が顕在化してくる可能性を念頭にしておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日、地震前兆の可能性を感じる電磁波系体感がありましたが、すでに対応地震が発生済み。その他、地震前兆と判断できる要素は感じられていません。

ただし、断続的に弱いながらも「電磁波系体感」が感じられています。