先週末は「大学センター試験」でしたね。今年は大雪などによる大きな交通被害はなく、無事に開催されて何よりでした。

まあ、一部では、”遅延”なども存在。個別対応はあったようですけどね。

2019年は「金陽年」ですので”知恵を働かす事”が吉へと繋がりやすい環境となっています。

*思い立ったが吉日

という言葉が現実となるのが「金陽年」の特徴。

  • 知恵
  • 気転
  • 即行動

が今年の吉ポイントとなります。

本日2019年1月21日の地震活動傾向!

先週末(19日~20日)の地震活動状況

先週末は、今月の「地震注意期間」となりました。(本日も)そんな地震注意期間に相応するように、複数の中規模地震が発生しています。

*1月19日14時22分 茨城県北部 M4.0 震度2
*1月19日11時36分 福島県沖 M4.0 震度1
*1月19日05時04分 青森県東方沖 M4.8 震度3
*1月18日21時46分 千葉県北東部 M5.3 震度3

当ブログ上でも、15日の記事にて地震予測を取り上げていましたが、予測に対応した地震が発生することとなりました。

レジまぐ版メルマガ上にて経過観察していた地震予測に関しても、もちろん対応地震の発生となっています。

*東京湾を中心とした円形範囲
(茨城沖・房総半島沖・伊豆半島沖・栃木県を含む距離感)
*M4.3~M5.3程度
*15日~20日まで

*1月18日21時46分 千葉県北東部 M5.3 震度3

*宮城沖・岩手沖・三陸沖周辺
*M4.4~M5.8程度
*15日~20日まで。

■対応地震の発生
*1月19日05時04分 青森県東方沖 M4.8 震度3

いずれも、”揺れる程度”の地震。多少、今後への影響はあるかもしれませんが、特に気になる要素はありません。


本日(2019年1月21日)の地震活動傾向

今朝は、低気圧の影響下となっている地域も多く、やや地震が表面化しにくい気象環境となっています。

地震誘発要因も見当たりませんので、本日も地震活動に大きな変化・変動はないものと判断しています。

昨日から今朝にかけて、地震活動に目立った動き無く、微小・小規模地震が全国的に多数表面化している状況。

適度な地震エネルギーの発散が本日も継続するものと考えています。

とはいえ、本日もまだ「地震注意期間中」。揺れる程度の中規模地震は表面化してくる可能性はあるものと念頭にしておいていただければと思います。まあ・・あまり気にする必要はありませんけどね。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、新たな地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にも特別取り上げるべきものはありません。

併せて読んでおきたい関連記事

  1. 内陸断層型地震の特徴・特性。”揺れ”は弱い地殻域を伝達。
  2. ※倒壊&体への影響※地震による家の傾きを直しておきましょう!

現在提供中の地震予測関連情報コンテンツ

  1. 【最新】地震予測情報コンテンツ一覧!ブログ・メルマガ・SNS