北陸・東北日本海側では、連日の大雪。関東周辺では、カラカラの乾燥した環境が連日続いています。金陽年らしい1月の自然環境となっています。

今年は「太陽活動」も日々の観察対象に加えています。金陽年において、太陽活動の影響力が高くなるからなんですね。

ちなみに現在、太陽活動に関して気になる状況はありません。

本日2019年1月22日の地震活動傾向!

昨日(21日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化・変動はありませんでした。

ただ、太平洋プレートの動きに再び変化が表れつつあって、複数の大深発系地震が発生しています。

同時に「伊豆諸島周辺」「茨城県周辺」にて地震活動が活発化してきている気配が。

昨夜から今朝にかけて上記エリアにて複数の微小・小規模地震が表面管してきています。

地震活動として気になる動きはなく、揺れる程度の中規模地震としては下記のみとなっています。

*1月21日23時17分 豊後水道 M4.3 震度3

特に、今後への影響などもないものと考えています。

本日(2019年1月22日)の地震活動傾向

今朝も気象環境に大きな変化はなく、本日も昨日同様の自然環境にて推移するものと考えています。

ゆえに、本日も地震活動に大きな変化・変動はないかと。適度な地震エネルギーの発散が継続するものと推察しています。

ただ・・実は昨夜に”3回”もの耳鳴り系体感感知がありました。2つは弱い感覚だったのですが、1つは明瞭で勢いを感じる感覚。関東周辺にて、中規模地震の前兆が生じたものと考えています。

3回目の体感に対応する地震は下記が対象だったものと判断しています。

*1月22日07時04分 茨城県沖 M3.8 震度2

1回目と2回目が同じ地震活動を対象としているのか、それとも別々の地震前兆を感知したものなのかは、判別不能な状況。

まあ、いずれにしても、今週中に関東周辺にて”揺れる程度”の中規模地震が表面化してくる可能性があることだけでも念頭にしておいていただければと思います。(*特に気にするほどではないかと)

地震前兆の有無

先ほどお話したように、昨夜「3回の耳鳴り系体感」を感知することが出来ました。関東周辺での地震前兆を感知したものと考えています。

ただ、特別視する必要は無い動きかと。適度な地震エネルギーの発散の一環と考えています。

併せて読んでおきたい関連記事

  1. WEB地図を防災対策(自然災害)に活かす方法!
  2. 遠赤外線暖房機アーバンホット※冬防災(火災・火傷)に役立つ安全性

現在提供中の地震予測関連情報コンテンツ

  1. 【最新】地震予測情報コンテンツ一覧!ブログ・メルマガ・SNS