人工知能(AI)は地震予知ができるようになるのか!?

地震予知

人口知能

近年、急速に発達してきている人工知能(AI)は近い未来に”地震予知”が可能になるのでしょうか?

人工知能(AI)と地震予知について考えてみたいと思います。

地震予知と人工知能(AI)

人工知能

現代社会において、急速な発展を遂げているのが人工知能(AI)です。すでに、様々な分野で人工知能が活用されており、年々AIの活躍の場が増加していくものと考えられています。

”人工知能”に対して、大きな期待が寄せられている反面、大きな課題・危険があるのでは?と考えている方も少なくないんですよね。

”人間”という生き物は、発明・発見・開発した技術を有効活用するとともに、必ず悪用してきた過去があります。

おそらくは、人工知能(AI)に関しても、悪用される時が訪れて来るのでしょうね。残念ながら・・・。

人工知能(AI)に対して、「何でも出来るようになる」とイメージしてしまっている方も少なくないのかもしれませんが、実際に人工知能を活用して「地震予知を行う」という研究が行われています。

人工知能による地震予知研究

例えば、地球物理学誌「Geophysical Research Letters」に掲載された論文(論文記事:英文)の中に、英ケンブリッジ大学のコリン・ハンフリーズ教授を中心とした、AIシステムによる地震予知実験の結果が報告されています。

「実験は成功した」

という論文内容となっていますが、実状は現実の地震データを用いているのではなく、あくまで人工的に発生させた”揺れ”のデータをAIにディープラーニング(人工知能に自動的に学習させること)させることによって、導き出した研究結果なんですね。

ですから、正直・・地震とは別物と言えます。

人工知能(AI)の可能性1: ”地震予知”は不可能でも”地震予測”ができる可能性

私、「地震予知」と言う言葉と「地震予測」とい言葉を異なるものとして、位置づけています。

簡単に言うと、「地震予知」とは未来に起こる地震の情報(少なくとも、地震発生日時・地震発生場所・地震規模)を事前に知ることを意味しています。

対して「地震予測」は、地震の予兆・前兆と思われる要素から、地震発生の可能性を推測。その上で、「規模」「発生場所」「発生期間」を想定することわ意味しています。

詳しくは、こちらの記事:「地震予測」「地震予知」「地震予言」の違いとは?!にて語っていますので、ご参考にしていただければと思います。

上記のような定義にて考えると、人工知能(AI)による地震予知は不可能であると結論づけられそうです。それは、人工知能は”膨大な過去の情報”を学習(ディープラーニング)することで、力を発揮するという仕組みだからです。

反面、地震予測ができるようになる可能性はあるのではと感じています。

その場合、まずは地震発生直前の地震予測となるのではと推察しています。地震発生間近に生じる様々な予兆・前兆を見出すことができ、それを情報として学習していくことができれば、「2.3日中の地震発生の予測」が可能となるかもしれません。

人工知能(AI)の可能性2: 地震の仕組みを解明。

”地震予測”よりも、もっと早い段階で実用化するものと考えているのが「人工知能による地震の仕組みの解明」です。

発生した地震に対して、様々な角度からデータを収集・分析。地震の仕組みの解明と共に、現在の地震活動状況をデータ的に把握していくことが可能となるものと思っています。

実際にこの分野での研究は進んでおり、例えば、国立研究開発法人海洋研究開発機構の研究として、最近「人工知能を用いて地震動と低周波微動シグナルを自動的に高精度で判別する新手法の開発」といった発表がありました。

「現在の地震活動状況」が様々な観点からデータ把握することができるようになると、そのデータを用いて、今後の地震活動状況を予測していくことが可能となるのではと思っています。

ある意味、現在の”天気予報”と同じ様な仕組みですね。

※明日は、○○地域では地震活動が停滞。○○地域では地震活動が活発化。中規模地震が発生してくる可能性が〇%です。

といった程度の内容にて、天気予報と同程度の確率での予報が可能となる日が訪れて来るかもしれませんね。

まとめ

人工知能(AI)にて”地震予知”はできないものの、特定(三日以内程度)の”地震予測”はできるようになる可能性はありそうです。

併せて読んでおきたい「地震予知」関連記事

  1. ”予知夢””虫の知らせ”は存在するのでしょうか?!予知夢の仕組み。

地震予知人工知能, 地震予知

Posted by poppo