高気圧もあった言う間に過ぎ去り、今朝は再び、東北・北日本エリアにて低気圧環境下となってきています。

3月の水月らしい「雨と晴れの入れ替わり」が短いサイクルで生じています。これも、春を感じさせてくれるひとつの要素ですね。

本日2019年3月13日の地震活動傾向!

昨日(12日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化・変動はなく、特に目立った動きもありませんでした。地震発生数も少な目にて推移しています。

現在、懸念要素といいますか・・・注視対象エリア(要素)が複数存在している状況。動向を観察中ですが、現時点で特に気になる状況は見当たりません。

それでも昨日、地震活動が下記エリアにて活発化しています。

  • 宮城沖周辺
  • 茨城沖・福島沖周辺
  • 東京都・神奈川県周辺

「茨城沖・福島沖周辺」「東京都・神奈川県周辺」では地震活動の質は異なりますが、共にやや群発的な地震活動が生じています。

現時点で特に気になる要素はなく、適度な地震エネルギーの発散が行われている状況です。

「宮城沖周辺」では、下記のような中規模地震が発生しています。

*3月13日03時32分 宮城県沖 M4.2 震度1

こちらも、まったく気にする必要はない動き。もちろん今後への影響などもありません。

本日(2019年3月13日)の地震活動傾向

今日は早くも低気圧環境下となっています。昨日と比較して、本日はやや地震が表面化しにくい気象環境となりそうです。

基本的に本日も地震活動に大きな変化・変動はないかと。適度な地震エネルギーの発散が継続するものと考えています。

現在、複数の重点観察要素

  • 「福島沖 M5.9」の余波
  • 「気圧変動」「風エネルギー」の影響
  • フィリピン海プレートの変動の余波

がありますので、引き続き動向をしっかりと観察・見極めていくことが今日のミッションとなるものと思っています。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思える要素は感じられていません。

体感的には、弱い睡眠時体感を感知しています。「東京都・神奈川県周辺」での群発的な地震活動の影響を受けているものと考えています。

神社の開運力もアップ

2019年金陽年は、「神社の開運力」がアップするのも特徴的な要素の一つとなります。自然霊(神様・神獣など)は金エネルギー属性の存在ですので、自然霊の力(影響力)が高まるからなんですね。

そういう意味で今年は「神社での御祈願」の効果が期待できる(効果が高まる)自然環境となります。

日本には、神社が多数存在していますが、その大半が普段はほとんど開運力のないスポットとなっているもの。

ただ、今年にがぎっては、普段は開運力に乏しい神社であっても、開運力が大幅に高まってくれる傾向があるんですね。

例えば、こちらの開運神社【東京都】※2019年に開運力が高まる神社とは!?にて紹介している神社の内、「代々木八幡宮」以外は、今年に限って、開運力が大幅に高まるスポットとなっています。

今年は御朱印帳を片手に”神社巡り”などを楽しんでみてはいかがでしょうか。

現在提供中の地震予測関連情報コンテンツ

  1. 【最新】地震予測情報コンテンツ一覧!ブログ・メルマガ・SNS