【2022年3月18日地震情報&予測】「福島県沖 M7.4」の余震&余波促進

今日の地震情報

【2022年3月18日地震情報&予測】

一昨夜「福島県沖 M7.4」が発生して以降、予定通り「余震活動」が活発化しています。今日から「3月の地震注意期間」に突入しますので、新たな地震も含め、余震・誘発地震動向に要注視で。

本日2022年3月18日の地震活動傾向!

本日2022年3月18日は壬寅の【水】環境に。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(17日)の地震活動状況

昨日(17日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日は想定していたように「福島県沖 M7.4」の余震活動と誘発地震活動が促進されることとなりました。

昨日から今朝にかけて、震源的周辺で多数の「余震」と「誘発地震」が発生しています。数が多いので昨夜以降に発生した中規模地震のみをピックアップすると下記となります。

*03月18日 04時57分 宮城県沖 M4.1
*03月18日 03時31分 福島県沖 M4.1
*03月17日 21時30分 宮城県沖 M4.6
*03月17日 19時58分 福島県沖 M4.0
*03月17日 19時43分 福島県沖 M4.8
*03月17日 19時22分 福島県沖 M4.0

いずれも、直接的な影響力はほぼなく、あくまでも適度な地震エネルギーの発散が行われている状況となります。

「福島県沖 M7.4」は断層型地震でしたので、上記のような形で地震エネルギーが上手く発散されるのは、とても好ましい流れと言えます。

余波として太平洋プレート境界面を地震エネルギーが伝達。「関東周辺」にてプレート境界型地震(小規模)が誘発されています。また、深部への影響も表れつつある状況で、複数の大深発系地震が発生しています。

また【火】エネルギー増大の影響が「沖縄県周辺」にて表れてきた様子。下記のような中規模地震が発生しています。

*03月17日 21時52分 沖縄本島北西沖 M4.9
*03月17日 20時33分 沖縄本島北西沖 M5.9

上記は海洋部での浅め震源域での地震となっていますので、「揺れ」などの直接的な影響はあまりありませんでした。

本日を含め、今後も複数の余震が生じてくる可能性に注視しておきたいと思います。

本日(2022年3月18日)の地震活動傾向

本日(2022年3月18日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」にて本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

今日は西から天気が下り坂に。午後以降は全国的に雨のお天気となる見込みです。やや地震が表面化しにくい気象環境に。

ただし、今日から「3月の地震注意期間」に突入します。「福島県沖 M7.4」による揺れと地震エネルギー発散という地震誘発要因がありましたので、本日を含め、今週末は中規模以上の地震(余震、誘発地震など)の可能性に要注視となります。

特に地震エネルギー伝達状況から複数個所での「誘発地震」の可能性(具体的な地震予測はレジまぐ版メルマガで配信済)がありますので、しばらくの間、常に念頭にしておいていただければと思います。

今朝の自然状況を観察すると「西日本エリア」にて自然エネルギー変動(地震エネルギー変動)を感じることが出来ました。もしかしたら、福島県沖 M7.4に伴う自然エネルギー放出の影響が表れている可能性が考えられます。

現時点では、地震前兆と言える状況ではありませんが、今後、中規模以上の地震に繋がっていく可能性に注視しておきたいと思っています。

具体的な内容(観察用の地震予測など)は今朝のレジまぐ版メルマガにて配信していますので、ご参考にしていただたければ幸いです。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて新たな地震前兆と思える要素は感じられていません。