【2021年7月21日地震情報&予測】マグマ活動関連の地震が促進

今日の地震情報

【2021年7月21日地震情報&予測】

すっかり真夏ですね。とうとう夜中も気温があまり下がらず、暑さを感じる夜となってきました。夏らしい夏になるのは良いことなんですけどね(^^ゞ・・でも寝苦しい夜になるのは、やはり困ります。

本日2021年7月21日の地震活動傾向!

本日2021年7月21日は辛丑の「大安」。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(20日)の地震活動状況

昨日(20日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日も地震活動に大きな変化は無く推移しています。

想定していたように「内陸断層型地震」「マグマ活動関連の地震」が促進&表面化傾向となりました。

内陸断層型地震は微小・小規模地震が中心で全国平均的に多数表面化している状況。ただし中規模地震など気になる動きは見られていません。

マグマ活動関連地震は主に「沖縄県・鹿児島県周辺」で促進されています。そんな中下記のような中規模地震が発生しています。

*7月20日 13時58分 奄美大島近海 M4.2
*7月20日 08時04分 沖縄本島近海 M4.8

いずれも、気にする必要はない動き。今後への影響もないものと判断しています。

本日(2021年7月21日)の地震活動傾向

本日(2021年7月21日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」にて本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日も全国的に高気圧環境下。地震が表面化しやすい気象環境となる見込みです。

昨日同様に「マグマ活動関連地震」「内陸断層型地震」が促進されるものと推察。さらに本日は「太平洋プレートの動きに関連した地震」も一部地域で促進されるのではと考えています。

というのも連日体感感知している状況。「関東周辺」にてプレート動に関連した地震活動が促進されているものと考えています。

まあ、あくまでも”揺れる程度の範囲内”での動き(中規模地震)が対象ですので、あまり気にする必要はないかと。

地震活動が促進されていること、有感地震(中規模地震)が表面化してくる可能性があるだけでも認識しておいていただければOKと思っています。

地震前兆の有無

夜中に「明瞭な耳鳴り系体感」を感知することができました。一昨日(19日)にも体感感知がありましたが、また別の地震前兆が表面化してきた可能性も考えられます。

「関東周辺」での有感地震(中規模地震)の可能性を念頭に推移を注視・観察しておきたいと思います。