【2021年6月14日地震情報&予測】小さめの中規模地震が適度に発生

今日の地震情報

【2021年6月14日地震情報&予測】

今朝は関東周辺でも梅雨の雨が戻ってきています。昨夜から今朝にかけて「大阪府周辺」では雷を伴う雨となった模様。現在も一部地域で停電となっているようです。

本日2021年6月14日の地震活動傾向!

本日2021年6月14日は辛丑の「先負」。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

先週末(12日~13日)の地震活動状況

先週末(12日~13日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

先週末も地震活動に大きな変化はなく推移。全国的に適度な地震エネルギーの発散が続いています。

現在は「太平洋プレート動に関連した地震」「内陸断層型地震」が表面化傾向となっています。

そんな中、中規模地震としては下記のような動きがありました。

*6月14日 04時06分 茨城県北部 M4.3
*6月13日 16時17分 沖縄本島近海 M4.1
*6月13日 05時32分 空知地方南部 M4.4

いずれも”揺れ”などの直接的な影響力が小さな地震。もちろん今後への影響もないものと判断しています。

上記中規模地震も含めて、特に気になる地震活動などもありませんでした。

本日(2021年6月14日)の地震活動傾向

本日(2021年6月14日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」にて本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

今日は「東日本」を中心に雨・雨模様のお天気となる見込みです。地震抑制力は生じないのではと推察。ただ今朝の時点で地震誘発要因も見当たりませんので、本日も地震活動に大きな変化はないものと考えています。

「九州周辺」では天気が回復傾向に。自然エネルギー環境が大きく変化するようであれば、地震活動が表面化傾向へと転じてくる可能性が考えられそうです。

基本的には本日も「東日本」「北日本」での太平洋プレート動に関連した地震活動が中心に。適度な地震エネルギーの発散が継続するものと考えます。

地震前兆の有無に関わらず、小さめの中規模地震が本日も複数表面化してくる可能性はありそうです。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。ただ先週末から今朝にかけて「地震エネルギー変動など」が感じられた地域が複数存在。地震活動へと繋がっていく可能性に注視中です。