【2019年10月25日】体感地震予測※台風21号関連の雨&午後への影響

今日の地震情報

大雨の影響

今朝(早朝)は「東海」「関東周辺」にて大雨となっています。これは太平洋上を進行している「台風21号」の影響。

”双子台風”といった感じで、台風からやや離れた日本列島太平洋側にて、低気圧&雨雲が発達している状況です。

前回の台風の余波が残っている状況下。地盤内に多くの水分が含まれている状態ですので、新たな雨に対して、排水能力が低下していることが推察できます。

人工的な「排水管」の機能も”汚泥”などが残る状況にて、低下していると考えられますからね。

*水があふれやすい
*浸水しやすい

状況であることをしっかり念頭にしておく必要があります。

本日2019年10月25日の地震活動傾向!

本日2019年10月25日は己亥年の「大安」。そして「民間航空機記念日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(24日)の地震活動状況

昨日も予定通り、地震活動に目立った動きはなく、大きな変化もありませんでした。”有感地震発生数”も少な目のまま推移しています。

現状の地震活動としては、特に気になる要素はなし。適度な地震エネルギーの発散が継続しています。

本日(2019年10月25日)の地震活動傾向

今朝は「東海・関東周辺」にて台風21号の間接的な影響による大雨となっています。午後には、天気が回復傾向に。大雨の範囲は「東北太平洋側」へと移行していく見込みです。

基本的に、本日も地震活動に大きな変化はないものと判断。地震発生数も少な目で推移するものと考えています。

今後の課題となるのが

*台風21号の余波

となります。

「台風21号本体」は日本列島からやや離れた太平洋上を進行していますが、日本列島に「台風エネルギー」を及ぼしている状況。

また、直接的には「太平洋プレート」に対して”気圧変動”の影響を与えているものと考えられます。

明日以降も気象環境変化に伴い、台風の余波が徐々に表面化してくるものと推測しています。

具体的な内容は、レジまぐ版メルマガにて、観察用の地震予測なども踏まえた形でお伝えする予定ですが。

*太平洋プレートの変動に伴う地震活動

に注視が必要に。やや規模のある地震活動の可能性もあるものと考えています。

さらに、明日から下記2つの要素が加わることに。

*今月の地震注意期間(26日~29日)ら突入
*自然エネルギーの移行期間のスタート(26日~)

明日以降、月末まで「地震活動」「火山活動」に激しい動きが表れてくる可能性があります。

特に、すでに天気が回復している

*九州周辺(霧島火山帯周辺)

では、本日から地震活動・火山活動が活発化してくる可能性があります。(今月末まで中規模地震、噴火活動の発生に注視)

「沖縄県」も含めて、「九州周辺」で地震活動&火山活動が表面化傾向にて推移していくことを念頭に推移を観察していきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思える要素は感じられていません。現在は荒天の環境下。天気が回復してから、体感にも再び変化が生じてくるものと考えています。

夏の体へのダメージ回復に適した季節に

明日から自然エネルギーの移行期間が始まる予定です。今回は「風陽エネルギー」から「風陰エネルギー」への移行となります。

同じ風エネルギー環境ですので、大きな変動はないものと考えられますが、自然環境の影響内容は大きく変化することに。

「11月の風陰エネルギー環境」においては

*潜在・内在している要素が活性化される

という特性があります。

例えば、「細胞の活性化」が進み、体の細胞・神経細胞の新陳代謝が促されることに。

今は夏季節に受けた、身体のダメージが丁度表面化している時期であるとともに、新陳代謝が促されれば、ダメージ消失することができる季節となります。

目に見えてわかりやすい要素となるのが

*肌のダメージ改善

でしょうか。

来週以降は、「肌細胞の新陳代謝を促す」のに最適な季節となるとともに、「細胞活性化」の効果が高まる季節となります。

例えば、 再生医療研究から誕生した「ヒト脂肪細胞順化培養液エキス」を活用した美容液「マトリックスエキス」などの効果が得やすい季節に。

運動なども含め、何か「細胞活性化」に働きかける要素を積極的に取り入れたい季節(11月)となりそうです。

今日の地震情報台風, 地震情報

Posted by poppo