【2021年5月14日地震情報&予測】深発系地震が活性化&表面化傾向に

今日の地震情報

【2021年5月14日地震情報&予測】

日本の南岸には前線が位置しています。昨日関東周辺では前線の雲によって雨・雨模様のお天気となりました。気温も低めに。

ただ早くも今日は前線が南下(蛇行)しており、「九州」を除き多くの地域で晴れとなりそうです。今後は前線のちょっとした動き変化(蛇行具合)によって天気が日々変化しそうな気配です。

本日2021年5月14日の地震活動傾向!

本日2021年5月14日は辛丑の「赤口」。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(13日)の地震活動状況

昨日(13日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日は予定通り「西日本~関東周辺」にて地震抑制力が生じる自然環境となりました。

その結果、浅発系地震は抑制傾向に。目立った動きはありませんでした。反面、浅発系地震が抑制された反動といった形で深発系地震が活発化。

*伊豆諸島周辺
*関東内陸部周辺(神奈川県・東京都・埼玉県・群馬県)
*岐阜県・長野県周辺

などで深発系地震が表面化傾向(増加)となっています。

そんな深発系地震の中には下記のような中規模地震もありました。

*5月13日 09時23分 岐阜県 M4.1

上記は大深発系地震でのすので、直接的な影響はほぼ無し。今後への影響もないものと判断しています。

本日(2021年5月14日)の地震活動傾向

本日(2021年5月14日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」にて本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日は梅雨入りした「鹿児島県周辺(九州の一部)」を除いて、多くの地域で天気が回復。晴れとなる見込みです。

自然エネルギー環境的にも、昨日の【風・水】環境から、今日は【風・火】環境へと変化する地域が多くなりそうな気配。

昨日と比較して本日は地震が表面化しやすい自然環境となるのではと推測しています。

【火】がどの程度活性化されるかによっても状況は異なりますが、少なくとも「関東周辺」では昨日の低い気温からの変化によって、「気温変動」が大きくなる見込み。

*富士火山帯周辺でのマグマ活動
*関東周辺での地震活動

の活力が増してくるのではと推測しています。

今朝の時点で特に気になる要素はありませんが、本日のマグマ活動&地震活動推移をしっかり観察しておきたいと思います。(地震前兆の有無を含めて)

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、新たな地震前兆と思える要素は感じられていません。特に気になる動きや体感などもありませんでした。