気象環境の変化&風・火の影響!【2020年11月19日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年11月19日】本日の地震活動傾向

昨日は関東周辺でも【風】の影響にて【火】が活性化。”20℃越え”の暖かな一日となりました。今日は昨日よりも【火】の影響が増す見込み。【風】も明日に向けて、さらに活力を増しそうです。

本日2020年11月19日の地震活動傾向!

本日2020年11月19日は庚子年の「友引」。そして「緑のおばさんの日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(18日)の地震活動状況

昨日(18日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日は「西日本」「東日本」にて【風・火】環境に。想定通り【火】の影響力が増す自然環境となりました。

そんな自然エネルギー環境変化が地震誘発要因となった模様。下記のように複数の中規模地震が発生しています。

*11月18日15時18分 福島県沖 M4.1 震度2
*11月18日10時01分 東海道南方沖 M5.1 震度1
*11月18日09時06分 福島沖 M4.3
*11月18日07時09分 トカラ列島近海 M4.3 震度1

それぞれ地震の仕組みが異なっており、様々なタイプの中規模地震が表面化しています。

先週末に複数の体感感知(耳鳴り系体感、睡眠時体感など)がありましたが、「福島沖 M4.3」「東海道南方沖 M5.1」はそんな体感感知に対応する地震と判断しています。

いずれの地震も直接的な影響力はほとんどないものと判断しています。ただ「東海道南方沖 M5.1」に関しては、多少今後への影響があるものと推測。

*静岡県周辺
*伊豆諸島周辺
*関東周辺

にて揺れの影響が生じてくるものと考えています。

本日(2020年11月19日)の地震活動傾向

本日(2020年11月19日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

ここ数日間、安定的なお天気が続いていましたが、本日は「西日本」「東北日本海側・北海道」にて天気が下り坂に。雨となる地域が増えそうです。

明日に向けて「関東周辺」でも徐々に天気は下り坂となる見込み。久しぶりに関東でも雨(小雨)となる地域がありそうです。

ただ雨となったとしても、自然エネルギー環境は【風・火】のまま。昨日以上に【風】【火】の活力が増すものと考えています。

ゆえに、本日も地震が表面化しやすい自然環境に。昨日から流れが継続。複数の中規模地震が表面化してくる可能性がありそうです。

とはいえ、基本的に本日も地震活動に大きな変化・変動はないものと考えています。適度な地震エネルギーの発散が続くことに。

本日、注視・観察要素となるのが

*「東海道南方沖 M5.1」の影響
*マグマ活動の促進と関連地震活動の表面化
*自然エネルギー変動の存在

です。

特に「東海道南方沖 M5.1」の影響は早々に顕在化してくる可能性がありますので、地震の前兆・予兆の有無に注視しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて新たな地震前兆と思える要素は感じられていません。ただ一昨日以前に感じていた地震前兆に対する動きが顕在化してくる可能性に注視しておきたいと思います。