有感地震の増加!【2020年8月28日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年8月28日】本日の地震活動傾向

昨日、地域的な気象環境の変化がありました。本日も猛暑となりそうですが、地域ごとの気象環境変化が生じる見込みです。晴れ・雨・曇りの変化があるかと。

本日2020年8月28日の地震活動傾向!

本日2020年8月28日は庚子年の「仏滅」。そして「バイオリンの日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(27日)の地震活動状況

昨日、局地的な気象環境変化が見込まれたことから、地震活動も増加するのではと推測していました。結果として、想定していたように減少傾向から転じて地震が表面化傾向となっています。

ただ、想像していたよりも一気に有感地震が表面化してきている印象があります。

どうやら、ここ数日「地震エネルギーの蓄積」が促進されていたようですね。中規模地震も多数発生する流れとなっています。

*8月28日03時20分 岩手県沿岸北部 M4.1 震度3
*8月28日00時19分 鳥取県中部 M4.0 震度2
*8月27日23時15分 択捉島南東沖 M4.6 震度2
*8月27日17時08分 福島県沖 M4.3 震度1
*8月27日09時48分 宮城県沖 M4.1 震度2

いずれの地震も適度な地震エネルギーの発散の範疇。特に気になる要素は見当たらず、今後への影響もないものと判断しています。

一昨日(26日)「耳鳴り系体感」を感知していたわけですが、体感(地震前兆)に応じた中規模地震(福島県沖 M4.3)が含まれています。

また昨日も太平洋プレートの西側部にてプレート動が促進されています。複数の大深発系地震が発生。今後の推移(影響)に注視しておきたいと思います。

本日(2020年8月28日)の地震活動傾向

本日(2020年8月28日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日も局地的な気象環境変化が生じる見込みです。地震活動の表面化の流れも継続するものと推測しています。

*太平洋プレート動に関連した地震
*内陸断層型地震
*マグマ活動に関連した地震

のすべてが表面化傾向にて推移する可能性がありそうです。

基本的に本日も地震活動に大きな変化はないものと考えますが、複数の有感地震が表面化する流れを念頭にしておきたいと思います。

「太平洋プレート動に関連した地震」としては

*伊豆諸島・小笠原諸島周辺
*茨城沖・福島沖周辺
*宮城沖・岩手沖周辺
*北海道東部沖周辺

「内陸断層型地震」に関しては

*大阪府・京都府・滋賀県・岐阜県周辺

「マグマ活動に関連した地震」としては

*鹿児島県・熊本県周辺
*伊豆諸島周辺
*長野県周辺

が主なる注視対象となります。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、新たな地震前兆と判断できる要素は感じられていません。

ただ今朝の自然状況から「地震エネルギー変動?」の可能性を感じるエリアを見出すことが出来ています。(詳細はレジまぐ版メルマガにて)