【地震前兆】先週末(30日~1日)の体感感覚報告&検証

今日の地震情報

12月への季節変化

いよいよ2019年も最後の月を迎えました。現在自然エネルギー移行期間の終盤。4日頃まで移行が続くものと考えています。

12月の金陰エネルギー環境がスタートするのは、「5日」からとなる見込みです。

そんな中、先週末に複数の体感感知がありました。本日は、主に先週末の「体感」に関して、その後の推移を併せてご報告したいと思います。

本日2019年12月2日の地震活動傾向!

本日2019年12月2日は己亥年の「仏滅」。そして「ビフィズス菌の日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

先週末(30日~1日)の「体感」報告

先週末も地震活動に大きな変化はなくも特に目立った動きはありませんでした。ただ、30日に「耳鳴り系体感」を30日夜から1日朝にかけて「睡眠時体感」を感知することとなりました。

体感感知に関する詳細&地震予測(見解)は、レジまぐ版メルマガにて情報発信。

週末でしたので、体感感知したことは、上記のようにツイッターでも配信しています。

「30日の耳鳴り体感」は、明瞭&強めの感覚として感知。ここまでの地震活動推移や地震エネルギー状況などを踏まえると、「中規模以上の地震前兆」を感知したものと判断しています。

過去二週間程度の「地震エネルギー変動」などの存在を加味すると

*大き目地震の可能性

も視野に入れておく必要があるものと考えています。

ただ、個人的な事情込み(風邪のウィルスに感染中など)で、”体感精度”は低下している状況のため、通常よりも不確定要素があることは、ご理解いただけますと幸いです。

※ゆえに、地震予測はメルマガのみで配信していますので、ご興味のあります方は、メルマガ購読(有料)の上、内容確認していただければと思います。

レジまぐ版メルマガの購読手続きはこちらから

もともとは、30日の耳鳴り系体感を感知した後に、30日夜~1日朝にかけて、「睡眠時体感」を感知したことから、「大き目の地震の可能性」も含んで注視。推移観察をスタートいたしました。

しかし、その後(1日~現在)に

*神奈川県・多摩東部周辺

で複数の地震活動(微小・小規模)が表面化することに。(現在進行形)

「神奈川県・多摩東部周辺」エリアでの地震活動は、私にとって、所在地直下での出来事(地震活動)となるもの。

どうやら「睡眠時体感」に関しては、この 「神奈川県・多摩東部周辺での地震活動(やや群発的)」の前兆を感知した可能性が高いものと判断するに至りました。

現時点では「30日の耳鳴り系体感」と「睡眠時体感」はそれぞれ別々の地震前兆(予兆)を感知したものと考えています。

となれば。

「大き目地震」に至る可能性は、少々低下したと考えることが出来るのですが・・・・。

やっかいなのが、昨日(1日)から今朝(現在進行中)にかけて

*やや規模のあるプレート型地震「関東・東北太平洋沖周辺(広域)」の可能性

を感じさせる地震活動動向が見られてきているんですよね。

先週は「太平洋プレートの変動」が促進されていましたので、今週、その影響が浅部での地震活動に繋がってくるタイミングとなるものと考えられます。

本日(2019年12月2日)の地震活動傾向

続きの話となりますが。

本日を含めて、基本的に「太平洋プレートの動きに関連した地震活動」は活発化。複数の中規模以上の地震活動が表面化しやすいタイミングを迎えることに。

「気象環境」「自然エネルギー環境」にて地震が表面化しやすい環境となった時が特に注視日となります。

ちなみに、本日は全国的に低気圧&前線の影響下となりそうで、やや地震が表面化しにくい気象環境となる見込み。

しかし、自然エネルギー環境的には「金エネルギーの変動」が存在する環境となりそうなことから、やや地震が表面化しやすい環境となります。

まあ、現時点にて強い地震誘発要因は見当たりませんので、基本的に本日も全体的な地震活動としては大きな変化・変動はないかと。

ただし、太平洋プレートの動きに関連した地震活動に関しては、すでに地震前兆が生じている動きがあるものと推察していますので、本日も注視対象となります。

まだまだ、情報収集が必要なので、これからさらなる情報収集・検証をしていく予定のため、今回のブログはここまで。

新たな情報や見解が見出せたときには、追加にて情報発信していきますのでよろしくお願いいたします。

いずれにしても、まずは今後一週間程度(~9日まで)は

*関東・東北太平洋沖周辺での中規模以上の地震活動

は念頭にしておいていただければと思います。(他のエリアでの地震の可能性も存在しています。詳細はメルマガにて。)