【2019年11月18日】本日の地震予測(体感)※「伊豆半島沖」での地震検証

今日の地震情報

紅葉の並木道

先週末は高気圧環境下となったこともあり、地震活動が表面化傾向となりました。現在「風エネルギー」がピークを迎えており、様々な自然要素が活性化の影響を受ける状況に。

・地震活動
・マグマ活動

共に活力を増しています。

本日2019年11月18日の地震活動傾向!

本日2019年11月18日は己亥年の「先勝」。そして「防犯の日」となっています。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

先週末(16日~17日)の地震活動状況

先週末は地震活動が活発化。下記のような複数の中規模地震が発生しています。

*11月17日20時05分 伊豆大島近海 M4.9 震度4
*11月17日03時32分 奄美大島近海 M4.6 震度2
*11月16日19時48分 茨城県沖 M4.0 震度1
*11月16日18時17分 宮城県沖 M4.2 震度3
*11月16日11時51分 関東東方沖 M4.7

前者2つが「マグマ活動の活性化」に伴う地震活動。

後者3つが「太平洋プレート動の促進」に伴う地震活動となっています。

まずは東京・神奈川県周辺でも揺れを感じた「伊豆大島近海 M4.9」について取り上げておきたいと思います。

先週末「16日の夜中から早朝」にかけて、睡眠時体感及び耳鳴り系体感を感知することができました。

この体感感覚に関して、地震前兆を感知したものと判断。メルマガでは地震予測を配信しています。

結果として

*茨城県-関東東方沖を軸とした楕円形範囲
*M4.3~M5.8程度
*16日~21日まで

■対応地震の発生
*11月16日11時51分 関東東方沖 M4.7
*11月17日20時05分 伊豆大島近海 M4.9 震度4

上記のように予測に対応する地震が2つ発生することとなりました。

「15日」の時点での週末(16日・17日)の予測として

*伊豆諸島・伊豆半島・神奈川県西部周辺

にて、マグマ活動が促進。関連した地震活動が活発&表面化してくる可能性を示唆していたのですが、実際にその通りの流れにて推移しています。

「 伊豆大島近海 M4.9」が発生後、余震活動(小規模)が複数発生しているのは、必然的な動きであり、好ましき状況と言えます。

ただ、このエリアでのマグマ活動がかなり活発化してきていることが推察されますので、今後も「伊豆諸島・伊豆半島沖周辺」での地震活動(マグマ活動関連)が活発化してくる可能性があります。

今週いっぱい、重点的に注視しておきたいと思います。

本日(2019年11月18日)の地震活動傾向

今日は西から低気圧&前線が接近中。全国的に天気が下り坂となる見込みです。徐々に自然エネルギー環境にも不安定さが増していくこととなりそうです。

微妙な状況ではありますが、昨日と比較すると本日はやや地震が表面化しにくい気象環境となるものと考えています。

ただ、「太平洋側エリア」では前線の影響が遅れますので、地震活動・マグマ活動共に促進傾向が継続するかと。

日本海側エリアでは、地震活動が減少傾向
太平洋側エリアでは、地震活動が表面化傾向

となるものと推察しています。

とはいえ、本日も地震活動に大きな変化・変動はないものと考えています。

地震前兆の有無

前述のとおり、先週末には複数の体感感知(地震前兆感知を含む)がありました。

すでに、対応地震が発生していますが、複数体感があったことを考えるとまだ、これから表面化する動きが存在している可能性も念頭にしておきたいと思います。

防犯の日

本日は「防犯の日」です。毎月「18日」が数字の語呂合わせにて、防犯の日となっているようです。

近年の傾向にて、様々な鍵に「電子制御」が用いられるようになってきています。

・自動車の鍵
・家のドアの鍵

などにも電子制御キーが利用されています。

ただ、個人的には「家の鍵」に電子制御は不向きと考えています。

そこには2つの理由が。

一つ目が、技術の発展に伴って、安全性(セキュリティー)の高い電子制御キーが開発されたとしても、常に電子制御には、「ハッキング」「バク」となのリスクが伴うことに。

技術が進むのは、ハッキング技術も進むことを意味しています。セキュリティー技術とそれを解除する技術は同時に進歩するもの。結局、いつまでたっても「いたちごっこ」の関係なのです。

二つ目が「災害・トラブルの発生時」に電子制御には、大きなリスクが常に存在してしまうこと。

突然、鍵が開かなくなったり・・逆に、意図しないときに鍵が開いたりする可能性が常に付きまとうことに・・・。

「家の鍵」はアナログキーが最善だと思っています。

住宅の防犯もアナログ的なアイテムの方が実用的かと。

窓の補助ロック(ノムラテック ウインドロックZERO)

窓の防犯であれば、わざわざセンサーと連動しなくても、上記のような「補助ロック」であれば、手軽に設置・利用が可能です。

高層階の場合などは、「子供の転落防止用」としても活用できますしね。

防犯カメラのステッカー

また、防犯カメラを設置しなくとも、上記のようなステッカーを見やすいところに貼っておくだけでも、「防犯意識の高い家だ・・」ということを感じさせることができますので、結構、効果的なもの。

手軽にどんな場所にでも利用できるのが魅力です。