【2019年10月2日】体感地震予測※「体感情報」と「台風の影響」検証

今日の地震情報

10月

当初の予報と比較して、「台風18号」はかなり大陸側を通過しています。どうやら、日本列島への上陸はないかと。

台風の直接的な被害は生じることなく済みそうですね。

ただ、台風は日本列島の西側を通過していますので、離れたエリアでも、まだまだ雨・風の影響が生じる可能性ありですし・・”台風の間接的な影響”にも注視が必要に。

本日2019年10月2日の地震活動傾向!

本日2019年10月2日は己亥年の「赤口」。そして「望遠鏡の日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(1日)の地震活動状況

昨日も想定通り、地震活動に大きな変化はなく、目立った動きなどもありませんでした。

「西日本」では、地震活動がやや抑制傾向に。
「東日本・北日本」では、微小・小規模地震が複数表面化しています。

有感地震発生数も少ないままではありますが、夜中に下記のような中規模地震が発生しています。

*10月2日02時15分 静岡県中部 M4.1 震度2

まあ、中規模地震といってもまったく気にする必要はない動き。今後への影響もないものと判断しています。

本日(2019年10月2日)の地震活動傾向

本日も昨日と地震活動に大きな変化はないかと。「東日本・北日本」では適度な地震エネルギーの発散が継続。「西日本」ではやや抑制傾向が続くものと考えています。

東日本を中心に高気圧環境が続きますが、台風18号の影響にて西日本では、下り坂の天気に。

西日本での抑制力は弱まりそうですが、やや地震が表面化しにくい気象環境となりそうです。

基本的に本日も地震のことをあまり気にすることなく過ごしておきたい一日に。

「台風18号」の間接的な影響

「台風18号」は大陸寄りを推進中。日本列島へ直接的な影響を及ぼす前に、温帯低気圧へと変化する見込みです。

となると

*台風エネルギーの付与
*気圧変動の影響

は無く済む見通し。地震活動への大きな影響は避けられそうな状況となってきました。

ただ、台風に伴う間接的な影響として

*風エネルギーの影響(活性化)
*火エネルギーの影響

が主に「東海~関東の太平洋側エリア」に及んでくるのではと推測しています。

今後の重点観察対象となります。

「耳鳴り系体感」の感知

昨夜、弱いながらも「耳鳴り系体感」を感知することができました。関東周辺にて地震活動が促進されてきているものと推測しています。

地震前兆を感知したものと考えていますが、弱い感覚だったことも含め、「関東周辺での小規模地震」の可能性が高いかと。

中規模地震に至ったとしても、”揺れる程度”の有感地震が対象となります。

基本的には気にする必要はない動き。今後、関東周辺にて地震活動が促進されてくるということだけでも、念頭にしておいていただければと思います。

地震前兆の有無

前項でお話したように、昨夜「耳鳴り系体感」を感知。関東周辺での地震前兆を感知したものと判断しています。

本日の「体感」に何か変化がないかどうか・・これからの体感動向に注視しておきたいと思います。

自分の「感覚特性」を知る

当たり前のことですが、人それぞれで「個性」が異なります。実は”感覚”に関しても、人によって大きな差があるものなんですよね。

人に備わる主たる感覚としては

*五感(視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚)

があります。

これらの「五感」に関しても、人それぞれで特徴・機能性が異なっているもの。

同じ対象物に対しても、自分と他人では、同じように見えている(色など)とは限らず、同じような音として捉えられているとは限らないのです。

*自分と他人では、「感覚」で捉えている世界が異なる

ということは、常に意識しておく必要があるわけです。

また、私の「体感(電磁波感覚)」のように、【五感】以外の感覚を持っている(活用している)方は案外多く存在しています。

*自分はどんな「感覚」を良く活用しているのか?
*どんな「感覚」を持っているのか(活用できているのか)
*感覚の得意・不得意

など、自分自身の「感覚特性」を見つめてみてはいかかでしょうか。

自分の感覚特性を理解しているのと理解していないのとでは、様々な状況にて、大きな差が生まれるものなので。