今朝は全国的にわりと安定したお天気となっているようですね。ただ、昨日に引き続き、気温の低い朝となっています。

今年は「土陰年」ですので、ここまで予定通りに「四季のメリハリ」がはっきりとした環境にて推移していますよね。

近年「秋」の季節感があまり感じられない年が多かったのですが、今年はしっかりと「秋感」が楽しめめそうです。

で・・当然、「冬の訪れ」も季節に応じて早々と感じられることに。




本日2018年11月2日の地震活動傾向!

昨日(1日)の地震活動状況

昨日は、予定通りに「適度な地震エネルギーの発散」が継続する流れとなりました。地震活動に大きな変化はなく、目立った動きも発生していません。

ただ、昨日も地震活動そのものは活発な状態にて推移。特に太平洋プレートの動きに関連した地震活動は促進&表面化傾向となっています。

有感地震の発生数は少な目で、特に気になる動きは無し。

取り上げておきたい地震活動もありませんでした。

本日(2018年11月2日)の地震活動傾向

高気圧の歩みは予定通りに遅く。今朝の時点でも、まだ高気圧環境と呼べる環境とはなっていません。

でも、着実に高気圧環境下へと移行しており、昨日よりか本日は、地震活動が表面化しやすい環境に、さらに今週末は、地震が表面化しやすい気象環境へと推移するものと考えています。

今朝の時点でも「弱い電磁波系体感」が感じられているのですが

  • 神奈川県・東京都・埼玉県・茨城県周辺(内陸部)

にて、地震活動が表面化傾向となっており、地震活動が促進されているのが、体感として感知されている状況です。

本日、地震活動に大きな変化・変動はないものと考えていますが、揺れる程度の有感地震(中規模も含む)は増加傾向となるものと推測しています。

今週末は、複数の中規模地震が表面化してくる可能性がありそうです。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて新たな地震前兆と思える要素は感じられていません。体感感覚的には、感知出来る要素は増加。

関東周辺での地震活動が着実に促進されているのがわかります。