台風24号が猛威を振るうこととなりました。風月の台風ということもあって、特に「風の被害」が大きくなっています。

各地で大きな木が倒れたり。代々木駅の倒木などで昨日JR線が一部不通となりましたからね。



本日2018年10月2日の地震活動傾向!

昨日(1日)の地震活動状況

昨日は、台風の直接的な影響が加わったばかりということから、まだ、台風による余波・兆候は表れてきていません。

ただ、すでに微小・小規模地震が複数誘発されてきている地域も存在しています。

  • 霧島火山帯周辺
  • 大阪府・京都府周辺
  • 長野県北部・新潟周辺
  • 東京都・埼玉県・茨城県周辺

中でも、風の活性力の影響で再び余震活動が促進されてしまったのが「北海道南部周辺」。

*10月1日11時22分 胆振地方中東部 M4.9 震度4

上記中規模地震を筆頭に多数の余震活動が誘発されて来ています。減衰傾向になりつつあった余震活動ですが、再び、新たなステージを迎えてしまったようですね。

今後しばらくの間、中規模以上の余震活動に注視が必要となったものと考えています。

本日(2018年10月2日)の地震活動傾向

本日は前線の影響も無い気象環境。まずは台風24号による影響(予兆)の有無に注視しておきたいと一日に。

今朝になって、徐々に「電磁波系体感」が感知出来るようになって来ていますので、関東周辺での地震活動が促進されてきていることがわかります。

早々に有感地震が表面化してくるかもしれませんね。そんな流れとなってきていることだけでも念頭に。

「地震活動」「火山活動」の変化・予兆の有無が本日のポイントとなります。

台風24号は日本列島内陸部を縦断していきましたからね。影響範囲は広範囲にわたっているものと考えられます。

特に「風の活性化」は早々に表面化しやすい要素。「関東周辺」では、風エネルギーの影響がとても強かったので、地震活動が早々に促進。動きを高めていくものと考えています。

また、「太平洋プレートへの影響」にも要注視。

こちらは少し時間差があるかと思いますが、太平洋プレートの動きに変動が生じて来ることが想定されます。

ただ・・・具体的な推測が難しいのが・・すでに「台風25号」が発生していること。

再び「台風25号」が今週末、日本に影響を及ぼしそうな気配なんですよね。またまた、強い風エネルギーが加わることに。

まあ、いろいろと複雑な状況となりそうです。




 

地震前兆の有無

具体的に地震前兆と思える要素は感じられていません。

ただ、先ほどお話したように、関東周辺での地震活動促進が電磁波系体感として感知出来ています。まずは、推移を観察ですね。