自然エネルギーの移行が進む中、「台風24号」が接近。秋雨前線が活発化・昨夜から今朝にかけて関東周辺にて風雨が強まっています。

どうやら、台風24号の間接的な影響が日本列島に到達しているようですね。本日以降週末にかけて、台風24号の影響を受け続けることとなりそうです。




本日2018年9月27日の地震活動傾向!

昨日(26日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化は無く推移しています。

前線の活動が活発となる環境下ではありますが、地震活動も活発な状態は維持。全国的に微小・小規模地震が多数発生している状況です。(適度な地震エネルギーの発散)

*9月26日15時00分 父島近海 M4.6
*9月26日16時59分 福島県沖 M4.0

 

上記程度の中規模地震は発生していますが、いずれも「揺れ」の影響などはほとんどなく、まったく気にする必要は無い動き。特に気になる要素もありません。

  • 大阪府・京都府周辺

など、いままでの推移にして地震エネルギーが蓄積されてしまっているエリアでも、地震エネルギーの発散が行われています。これは、好ましい状況と言えるものです。

本日(2018年9月27日)の地震活動傾向

本日も活発な前線の影響下&激しさのある自然エネルギー環境下となる模様。地震活動も活発な状態を維持する流れとなりそうです。

自然環境全体的に激しさが高まっていますが、現時点で特に「気がかり」と感じる要素はありません。

基本的に今日も地震活動に大きな変化は無く、適度な地震エネルギーの発散が継続するものと考えています。

今回は「台風の接近」中に中規模以上の地震活動が生じて来る可能性がありますが、本格的に地震活動の変化が生じて来るのは、やはり「台風通過後」かと。

来週、10月の始まりと共に地震活動にも変化・変動が生じる・・・そんな流れとなりそうですね。

現在

  • 台風24号
  • 秋雨前線
  • 熱帯低気圧

の3要素が絡み合う形で自然環境が激しさをましています。

少し「地震エネルギー変動」なとが感じられるエリアも生じて来ていますので、本日も細やかに推移を観察しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と判断できる要素は感じられていません。