先週末は、台風が過ぎたことによる南からの火エネルギー流入によって、酷暑の環境となりました。

ここ神奈川県でも、今年一番では?と思えるような「火」の強さでしたからね。単に、気温が高いというのではなく、「空気が熱い」といった感覚でしたので。




本日2018年8月27日の地震活動傾向!

先週末(25日~26日)の地震活動状況

先週末(25日~26日)は、「台風の余波」が注視していましたが、現時点まで地震活動に大きな変動は無く推移しています。

台風による影響が懸念されている地域にて、微小・小規模地震が多数発生。適度な地震エネルギーの発散が行われて来ていますので、状況的には好ましい推移となっているものと考えています。

台風の影響を強く受けているのにも関わらず、「何も反応が無い」という状況の方が、危険ですからね。(大き目地震に繋がる可能性が生じてしまいますので)

台風の影響に関して、観察対象としている

  • 大阪府・奈良県・京都府南部周辺
  • 徳島県・徳島沖(紀伊水道)・四国沖周辺
  • 淡路島周辺
  • 東京都・神奈川県・相模トラフ周辺
  • 九州西方沖周辺

さらに、台風進路上となった

  • 青森沖・北海道周辺

にて、それぞれ微小・小規模地震が複数発生。適度な地震エネルギーの発散が行われています。

「青森沖周辺」では、下記のような中規模地震が発生しています。

*8月24日23時16分 青森県東方沖 M5.1 震度3

台風により誘発されて来た地震活動と判断。特に今後への影響などは無いものと考えています。

その他、「太平洋プレートの動き」に関連した地震活動として、下記のような中規模地震が発生しています。

*8月25日02時17分 茨城県北部 M4.1 震度3
*8月25日06時30分 岩手県沖 M4.1 震度2

こちらもまったく気にする必要はない動きと考えています。

本日(2018年8月27日)の地震活動傾向

今朝は、東北上空に前線が横たわる気象環境となっています。

前線を境に「北」と「南」で気象環境・自然エネルギー環境が大きく異なる状況に。地震活動にも違いが生じる可能性がありそうですね。

ここまでの推移は良好ながら、今週も「台風による誘発地震活動」に要注視。現時点で具体的な予兆など気になる要素はありませんが、推移はしっかりと観察しておきたいと思っています。

基本的には、本日も適度な地震エネルギーの発散が継続していく形となるものと推測しています。

少し活発な推移を見せそうなのが

  • 東京都・神奈川県・茨城県・千葉県周辺

昨夜から今朝にかけて、睡眠時体感を感知することが出来ており、上記エリアにて地震活動が促進されているものと感じています。

とはいえ、あくまでも、適度な地震エネルギーの発散の一環。

今後、「揺れる程度」の中規模地震に繋がっていく可能性はあるかもしれませんね。こちらも推移をしっかりと観察しておきたいと思います。

地震前兆の有無

「睡眠時体感」を感知いたしました。地震前兆というよりも、地震活動が活発となって来ていることによる影響を受けたものと捉えています。