安定的な自然エネルギー環境が続いています。

こういう自然環境下では、激しい自然現象は生じにくいもの。自然エネルギーの変動&相互作用が自然現象に繋がるわけですからね。

週の中日を迎えましたが、週後半も自然環境に大きな変化・変動は無く推移するものと考えています。




本日2018年7月25日の地震活動傾向!

昨日(24日)の地震活動状況

昨日も安定した自然環境でした。地震活動にも大きな変化・変動などはなく、とても安定感のある状態で推移しています。

*7月24日06時38分 択捉島南東沖 M5.0 震度2

早朝に上記のような中規模地震が発生して以降は、中規模地震の発生は無し。

内陸部での微小・小規模地震が増加傾向となりましたが、地表面付近でのひび割れ感覚の地震活動。まったく気にする必要はない動きです。

それどころか、適度な地震エネルギーの発散が行われることで、さらに安定感のある状態が創出されていく形となりそうです。

好ましい地震活動状況ですね。

本日(2018年7月25日)の地震活動傾向

本日も、昨日とほとんど変化の無い自然環境となりそうです。

昨日同様に適度な地震エネルギーの発散が行われる流れとなるかと。

今日も安定的な地震活動状況が継続するものと考えています。もちろん、地震活動に大きな変化などは無し。

地震のことは気にすることなく過ごしていただければと思います。

午後以降になると、多少「東日本エリア」にて自然エネルギー環境に「揺らぎ」程度の変化が生じて来そうな気配があります。

今日は、午後になると「関東周辺」などで「雷」などが発生してくる可能性があるかもしれませんね。

まあ、ここのところ、関東周辺では、ほとんど「雨」が無いので、夕立程度の雨は歓迎したいと思っています。





地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にも感知出来る要素はほとんどありません。

本日2018年7月27日の地震活動傾向!台風12号の直接的な影響に注意!

浄水器は本当に必要なのか?!非常時対応(防災・飲料水の確保)の視点も含めて検証してみました。