マグマ活動の促進!【2020年7月21日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年7月21日】本日の地震活動傾向

本日は雨・雨模様のお天気の地域が多く、今週も雨・曇りが続く予報となっていますが・・・私としては昨日時点で「梅雨明け」となったものと感じています。

梅雨エネルギーが感じられなくなったから。

梅雨前線ではなく、通常の移動性低気圧と前線となったものと判断しています。

本日2020年7月21日の地震活動傾向!

本日2020年7月21日は庚子年の「赤口」。そして「自然公園の日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(20日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化はなく推移しています。適度な地震エネルギーの発散が継続。目立った動きこそありませんが地震活動は活発な状態となっています。

中規模地震としては遠方エリアで下記のような動きがありました。

*7月20日14時25分 宮古島近海 M5.0 震度2

海洋部での中規模地震ということもあり、直接的な影響も小さく、今後への影響もないものと考えています。

潜在的には

*マグマ活動

が活力を増すとともに変動を生じてきているものと感じています。

マグマ活動に関連した地震活動及び火山活動(噴火)の動向に注視しておきたいと思います。

本日(2020年7月21日)の地震活動傾向

本日(2020年7月21日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

今日は西から低気圧&前線が接近。日本海側エリアを中心に雨のお天気となる見込みです。太平洋側エリアでも雲が多く、雨・雨模様のお天気となりそうです。

高気圧が太平洋上へと移動していますので、本日は昨日と比較するとやや地震が表面化しにくい気象環境に。基本的に本日も地震活動に大きな変化はないものと考えています。

潜在的に地震活動が促進傾向となっているのが

*茨城県周辺
*宮城沖周辺

です。

上記エリアでは本日も有感地震が表面化してくる可能性があるかと。揺れる程度の中規模地震の可能性も念頭にしておきたいと思います。

まあ、あくまでも適度な地震エネルギーの発散の範疇ですので、あまり気にする必要はなさそうです。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。ただ今朝になって弱いながらも「電磁波系体感」が感じられるようになっています。

関東周辺にて地震活動が促進しているものと判断いたします。