7月、早くも後半を迎えています。

今月は「火陽エネルギー環境」となっています。来月8月も「火陽エネルギー環境」が継続することから、今月末から来月初めにかけて、自然エネルギーの移行は発生しません。

ゆえに、今週、後半も自然エネルギー環境に大きな変化・変動は無く、安定した状態が継続していくものと推測出来ます。

必然的に「猛暑」もまだまだ続くかと。




本日2018年7月23日の地震活動傾向!

先週末(21日~22日)の地震活動状況

先週末も地震活動に変化は無く推移しています。

全国的に微小・小規模地震が多数発生している状況で、適度な地震エネルギーの発散が継続。安定的な地震活動となっています。

必然的に目立った動きも無く、特に気になる要素もまったくありません。

「適度な地震エネルギーの発散」の一環として、下記のような規模の小さ目な中規模し゛シンが発生しています。

*7月22日19時09分 福島県沖 M4.1 震度2
*7月20日22時29分 宮城県沖 M4.2 震度2

気になる要素は無く、もちろん、今後への影響などもありません。

本日(2018年7月20日)の地震活動傾向

本日も全国的に「高気圧環境下」が継続することに。自然エネルギー環境も変化は無いものと考えられますので、「地震誘発要因」が発生することも無さそうです。

今日も地震活動に大きな変化は無く、適度な地震エネルギーの発散が継続する流れで推移するかと。

地震のことは気にすることなく過ごせる日が続きそうです。

「火エネルギー」がピークを迎えた状態がキープされている状況。「マグマ活動」が威力を高めています。

  • 霧島火山帯周辺
  • 富士火山帯周辺
  • 秋田県周辺

にて、火山活動&地震活動が活発な状態となっています。

ただ、現時点では特に気になるような状況はありません。





地震前兆の有無

地震前兆と思える要素は感じられていません。

体感的にも感知できる要素はほとんど無い状況。自然環境の安定感が感じられます。