昨日は、岐阜県周辺などで「40℃越え」となりましたね。完全に対応よりも高い気温で・・・高熱時の温度となりました。

今日も自然環境にほとんど変化がなさそうな気配なので、「40℃超え」の暑さを記録する地域が生じてきそうな感じです。「熱」に注意の一日ですね。




本日2018年7月19日の地震活動傾向!

昨日(18日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化などはありませんでした。

ただ、着実に地震活動は促進中。昨日朝方に「電磁波系体感」を感知していたわけですが、想定通りに、その後関東周辺にて地震活動が表面化傾向となりました。

まず、「東京湾を中心とした円形範囲(東京都・茨城県周辺)」にて、多数の微小・小規模地震が群発的に発生することとなりました。

地震エネルギーが分散・放出された模様です。有感地震も複数混じっており、今朝の時点でも地震活動が表面化してきています。

地震エネルギーが上手く分散されてくれたのは、好ましい状況。現時点にて地震活動としては、特に気になる要素はありません。

午後になると、「茨城沖・千葉県沖周辺」にて地震活動が表面化。下記のような中規模地震も発生しています。

*7月18日16時45分 茨城県沖 M4.6 震度2

朝方に感じていた電磁波系体感は、上記「群発地震&中規模地震の前兆」を感知していたものと判断しています。

ちなみに、上記中規模地震の今後への影響は、あまり気にする必要はないものと考えています。

また、前回記事で取り上げていた「九州周辺」でも、想定していたように、マグマ活動&地震活動が促進されてきています。

  • 熊本県・長崎県周辺
  • 鹿児島県周辺

にて、複数の地震活動(微小・小規模地震)が表面化しています。

*7月19日02時10分 長崎県北部 M2.3 震度1

現時点では、まったま気にする必要は無い地震活動。ただ、着実に活力を増していますので、今後の推移には、しっかり注視しておく必要がありそうです。

本日(2018年7月19日)の地震活動傾向

今朝もすでに気温が高い環境となっています。

昨日とほとんど変化の無い自然環境。「地震誘発要因」は見当たりませんので、本日も地震活動に大きな変化は無いものの、着実に「マグマ活動」「地震活動」が促進されていくものと考えています。

自然環境に変化がありませんので、本日も昨日と同じ様なエリアにて地震活動が促進されていくものと考えています。

  • 東京都・茨城県・埼玉県周辺
  • 茨城沖・千葉県沖周辺
  • 長崎県・熊本県周辺
  • 薩摩半島西方沖・鹿児島県周辺

などでは、昨日に引き続き、地震活動が表面化傾向にて推移するものと考えています。

また、マグマ活動が活力を増していますので

  • 長野県・群馬県周辺
  • 静岡県・神奈川県・伊豆諸島周辺

などでも、マグマ活動に関連した地震活動が表面化してくる流れとなるかもと思っています。

まあ、基本的には、本日も適度な地震エネルギーの発散が継続していく流れとなるものと推測しています。

地震前兆の有無

現時点で新たな地震前兆と思える要素は感じられていません。