ああ・・とうとう明日から12月です。もう・・12月。2018年も残り一ヶ月ということですね。早い(笑)

自然環境推移としては、明日から急激に「金エネルギー」が増加していくことに。(~5日までは、変動を伴いつつ増加。)

今週末から来週前半は、日差し溢れる日が多くなるとともに、日差しの暖かさが感じられる気候となるのではと推察しています。

が・・。

それ以降は、寒気(水エネルギー)が流入してくる度に、金エネルギーが水エネルギーを増大させますので、一気に寒さが厳しくなるかと。

本格的な冬季節へと向かうこととなりそうです。




本日2018年11月30日の地震活動傾向!

昨日(29日)の地震活動状況

前段は長くなりましたが・・本日は、本題が短いです。(笑)

昨日も全国的に地震活動がとても活発な状態にて推移することとなりました。

ただ、中規模地震の発生は無く、適度な地震エネルギーの発散が促進されている状態です。

地震活動が特に活発だったのが下記エリア。

  • 北海道周辺
  • 東京都・神奈川県・茨城県周辺
  • 茨城沖・福島沖周辺
  • 愛知県・紀伊半島周辺
  • 大分沖周辺

中でも「北海道周辺」では、先日の「青森県東方沖 M5.9」の影響と思われる誘発地震活動が多数発生する流れとなっています。

ただ、上記エリアでの地震活動に関して、特に気になる要素はありません。

本日(2018年11月30日)の地震活動傾向

今朝はまだ高気圧環境とはなっていませんが、徐々にこれから高気圧環境下へと推移していくこととなりそうです。

昨日同様に本日も地震活動は表面化傾向にて推移するかと。

  • 北海道周辺での誘発地震活動

もまだまだ複数表面化する流れとなるものと考えています。

ここまでの推移にて「地震エネルギー変動」「地震エネルギーの放出」などが感じられるエリアが複数存在しているのですが・・。

今朝もまた新たな地震エネルギー変動?が感じられるエリアがありました。

今後もまだしばらくの間、活発な地震活動状態が継続することとなりそうです。

**お知らせ

12月の特別版メルマガ「12月の地震活動傾向・特性」は、12月4日or5日頃に配信予定としております。ご購読は下記より。

↓↓

レジまぐ版メルマガのご購読はこちらから。

 

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と判断できる要素はありませんでした。ただ、自然状況から「地震エネルギー変動」など気になる要素は複数感じられています。

 

防災関連プチ情報:非常食

個人的に”非常食”に関して、定期的に実体験検証を行っているのですが、最近、私として非常食として欠かせないものなっているのが「アルファ米」です。

実際、自治体・企業の備蓄用品として「アルファ米」は必ずといっていいほど活用されるようになってきています。

「アルファ米」というのは、下記のような段取りで”お湯”はもちろんのこと”水”でもご飯わ作ることができる優れもの。

 

 

しかも、とっても美味しいんです。

備蓄品としているのに・・・たまに、昼食として食べてしまうのですが・・気が付くと在庫が無くなっていることが度々ありました。(笑)

ただ、連日、同じものを食べてみると、味が付いている分、「飽きる」のも案外早いんですよね。

ですから、「種類の異なるアルファ米」をストックしておくことがポイントと感じています。

そういう意味で、こちらの「アルファ米12種類セット」がおすすめかと。

普段・・ついつい食べてしまわないように、注意しておかないといけないかもしれませんけどね。(笑)

併せて読んでおきたい関連記事

  1. 首都直下型地震(東京直下)のリクスとは!?
  2. 焼岳噴火の可能性は!?伊豆半島東部周辺の地震活動との連動性