【2021年10月11日地震情報&予測】北海道南部周辺での地震活動

今日の地震情報

【2021年10月11日地震情報&予測】

木々の葉も徐々に色づき始めています。風陽月を迎えて秋の歩みも活性化されてきているようです。

本日2021年10月11日の地震活動傾向!

本日2021年10月11日は辛丑の「友引」。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

先週末(9日~10日)の地震活動状況

先週末(9日~10日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

先週末も全体的な地震活動に大きな変化はありませんでしたが、複数の中規模地震が発生することとなりました。今月の地震注意期間中でしたので、納得の推移と感じています

主に「北日本」にて下記のような中規模地震が発生しています。

*10月10日 23時16分 十勝地方南部 M4.8
*10月10日 14時09分 岩手県沖 M4.0
*10月9日 14時32分 岩手県沖 M4.7
*10月9日 11時47分 浦河沖 M4.4

いずれも直接的な影響は少なく、あくまでも揺れる程度の中規模地震となっています。

ただ「十勝地方南部 M4.8」に関しては、今後への影響があるものと推察。今週、誘発地震の可能性に注視しておきたいと思います。

ちなみに上記中規模地震はレジまぐ版メルマガ上で経過観察していた下記地震予測の対応地震となります。

*福島沖・宮城沖・三陸沖周辺
*M4.5~M7.2程度
*3日~9日まで

■対応地震の発生
*10月9日 14時32分 岩手県沖 M4.7

*青森東方沖・北海道南西部・南部沖周辺
*M4.3~M5.8程度
*6日~12日まで

■対応地震の発生
*10月9日 11時47分 浦河沖 M4.4
*10月10日 23時16分 十勝地方南部 M4.8

本日(2021年10月11日)の地震活動傾向

本日(2021年10月11日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」にて本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日は前線の影響を受ける地域が多く、各地で雨の降る時間帯がある見込み。地震がやや表面化しにくい気象環境となりそうです。

今朝の時点で地震誘発要因は見当たりませんので、本日も地震活動に大きな変化はないものと考えています。

先週発生した「千葉県北西部 M5.9」の余震活動がここまで少なかったのですが、昨夜あたりから、徐々に「千葉県周辺」にて微小地震(余震・誘発地震)が表面化傾向となってきました。

今朝は「電磁波系体感」が感じられており、これらの動きの影響を受けている(感知)ものと考えています。

これは適度な地震エネルギーの発散に繋がりますので、好ましき出来事と捉えています。

ただ、本日を含めてこれから中規模地震へと繋がっていく可能性はありますので、推移はしっかり観察しておきたいと思っています。

先週末から複数の中規模地震が発生している「北海道太平洋側周辺」

微小・小規模地震の発生数は少なめですので・・まだ、これから中規模以上の地震が表面化してくる可能性に注視が必要と考えています。(今朝のレジまぐ版メルマガにて地震予測を配信しています。ご参考に)

地震前兆の有無

体感的には「電磁波系体感」を感知中。今朝の自然状況からは地震前兆の可能性?も感じることができています