【2021年4月2日地震情報&予測】太平洋プレートの促進&関連地震の活発化

今日の地震情報

【2021年4月2日地震情報&予測】

今年は桜の開花と同時にけやき等の木々の芽吹きが始まりましたので、まだ桜の花が残る状況下ではありますが、すっかり新緑(芽吹き)が目立つ自然環境となっています。

本日2021年4月2日の地震活動傾向!

本日2021年4月2日は辛丑の「仏滅」。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(1日)の地震活動状況

*3月30日 20時11分 茨城県沖 M4.5

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日、全国的に高気圧環境下となったこともあり、地震発生数は増加傾向となりました。

「西日本」では内陸断層型地震(地表面付近でのひび割れ感覚の地震)が表面化傾向に。

「東日本」「北日本」では太平洋プレートの動きに関連した地震が増加しています。

複数の大深発系地震が発生。深部にて太平洋プレートの動きが促進されると共に、浅部でも地震活動が誘発される流れとなってきています。

そんな中、太平洋プレートの動きに関連した中規模地震が発生しています。

*4月1日 13時30分 青森県当方沖 M4.5

上記は太平洋プレート上境界面周辺で発生したプレート境界型地震と推察。今後への影響はないものと考えています。

また、想定していたように「マグマ活動に関連した地震」も活発化。特に「伊豆諸島・静岡県・神奈川県西部周辺」にて地震活動が促進されています。

本日(2021年4月2日)の地震活動傾向

本日(2021年4月2日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

今朝の時点では全国的に高気圧環境下となっています。ただ今日は「九州周辺」にて天気が下り坂となる見込みです。

今朝の時点で地震誘発要因は見当たりませんので、本日も地震活動に大きな変化・変動はないものと考えています。

現時点で地震活動が表面化傾向へと転じていますので、本日も地震発生数が増加傾向にて推移するものと推測。有感地震も増えそうです。

特に

*太平洋プレートの動きに関連した地震活動
*富士火山帯周辺での地震活動(マグマ活動関連)

がさらに促進されるものと考えます。

「関東~北海道周辺の太平洋側エリア」にて複数の有感地震(揺れる程度の中規模地震も含む)が表面化してくる可能性を念頭にしておいていただければと思います。

地震前兆の有無

昨日、弱いながらも「耳鳴り系体感」を感知することができました。地震前兆を感知したものと判断しています。

ただ「関東周辺での小規模地震前兆」である可能性が十分考えられる状況。中規模地震であったとしても、揺れる程度の範囲内と推測。あまり気にする必要はなさそうです。(レジまぐ版メルマガでは地震予測を配信しています)

お知らせ

本日午前中(11時頃)に「4月の地震活動傾向&特性」に関する特別版メルマガを配信予定です。