【2021年3月3日地震情報&予測】風の活性力による地震活動の誘発&増加

今日の地震情報

【2021年3月3日地震情報&予測】

本日は3月3日「ひな祭り」。と・・いっても私個人的には、まったくひな祭りとは縁がない人生を歩んできておりますので、平時と変わらぬ一日となりそうです。(苦笑)

思い起こすと、「雛あられ」も食べたことがないかも。

本日2021年3月3日の地震活動傾向!

本日2021年3月3日は辛丑の「友引」。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(2日)の地震活動状況

昨日(2日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日、低気圧&前線が発達しながら日本列島を通過。関東周辺では、午前中と午後とで自然環境・お天気が大きく変化することとなりました。

*気象環境の変動
*自然環境の変動

に加えて

*気温変動

もかなり大きくなりました。

午前中は日中「20℃」近くの気温となりましたが、午後には一気に「9℃」前後まで気温が低下することに。

これらの「変動」が地震活動・プレート活動に影響を与えています。その結果、午後以降になって全国的に地震活動が表面化&増加傾向となりました。

*内陸断層型地震
*フィリピン海プレート動に関連した地震
*太平洋プレート動に関連した地震

のいずれもが活発化しています。

そんな中、中規模地震として下記のような動きが発生しています。

*3月2日 18時49分 福島県沖 M4.3
*3月2日 10時50分 八丈島近海 M4.3
*3月2日 12時46分 十勝沖 M4.0
*3月3日 05時21分 北海道東方沖 M4.4

いずれの地震も直接的・間接的な影響はほぼないかと。今後への影響(地震の誘発)もないものと判断しています。

ちなみに、レジまぐ版メルマガにて経過観察中の地震予測に対応した地震となっています。

*房総半島南部沖・伊豆諸島周辺
*M4.4~M6.8程度
*26日~3月4日まで

■対応地震の発生
*3月2日 10時50分 八丈島近海 M4.3

*青森沖・北海道南部沖・東部沖周辺
*M4.2~M6.3程度(複数地震の可能性)
*26日~3月3日まで

■対応地震の発生
*3月3日 05時21分 北海道東方沖 M4.4

本日(2021年3月3日)の地震活動傾向

本日(2021年3月3日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日は全国的に天気が回復。昨日と比較して地震が表面化しやすい気象環境となる見込みです。

*内陸断層型地震
*フィリピン海プレート動に関連した地震
*太平洋プレート動に関連した地震

のいずれもが促進&活発化するものと推察しています。

昨日から今朝にかけて「風の活性力」が存在していますので、特に「突破的な内陸断層型地震」が誘発されやすい自然環境に。有感地震も増加傾向となる可能性があります。

具体的に注視しておきたい「地域」「地震活動」内容に関してはレジまぐ版メルマガにて情報発信していますので、ご参照いただければと思います。

中規模地震が生じる可能性が高いのは「太平洋プレートの動きに関連した地震活動」となります。

「東日本の太平洋側エリア」では、「風の活性力」以外にも「気温変動」という地震誘発要因が存在していますので、本日地震前兆・予兆が生じてこないかどうかを中心に注視・観察しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、現時点では地震前兆と思える要素は見当たっていません。ただ、本日これから地震前兆が生じてくる可能性は十分にあるかと。

本日は地震前兆の有無見極めが大きなポイントとなるものと考えています。