「青森県東方沖 M6.3」の余波推移!【2020年12月23日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

「関東周辺」では安定したお天気が続いています。ここ数か月の傾向として関東周辺では、降雨量が少なめとなっています。

そういえば、「富士山に雪がない」ということが一部で話題となっているようですが・・。もちろん異変じゃありません。(笑) 今の季節にて富士山に雪がないとうことは別に珍しい出来事ではないからです。

基本的に「富士山の雪の有無」は「関東周辺の天候」と連動傾向があって、今年のように関東周辺にて雨が少ない天候となっていると気は富士山でも雪が降らない・・そんな傾向があるのです。

本日2020年12月23日の地震活動傾向!

本日2020年12月23日は庚子年の「先勝」。そして「平成天皇誕生日」となっています。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(22日)の地震活動状況

昨日(22日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日も地震活動に大きな変化・変動はありませんでした。「東日本・北日本の太平洋がエリア」を中心に地震活動が活発化しています。

そんな中、昨夜から今朝にかけて下記のような中規模地震が発生しています。

*12月23日03時24分 奄美大島北西沖 M4.8 震度1
*12月23日02時04分 福島県沖 M4.2 震度1

上記それぞれ大陸側プレート内部で生じた断層型地震と判断しています。いずれも、”揺れ””地震エネルギー”の影響力は小さく、今後への影響はないものと判断しています。

ただし「奄美大島北西沖 M4.8」に関しては、周辺地域での地震活動が促進される予兆という可能性も。今後の観察要素として捉えておきたいと思います。

ちなみに上記地震はいずれもレジまぐ版メルマガ上で経過観察中の下記地震予測な対応した地震となっています。

*鹿児島県西方沖を中心とした円形範囲
*M4.4~M6.4程度
*18日~24日まで

■対応地震の発生
*12月23日03時24分 奄美大島北西沖 M4.8 震度1

*茨城県・千葉県東方沖・茨城沖・福島沖周辺
*M4.2~M5.5程度
*18日~23日まで

■対応地震の発生
*12月23日02時04分 福島県沖 M4.2 震度1

本日(2020年12月23日)の地震活動傾向

本日(2020年12月23日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日も冬らしいお天気が続くかと。「東北・北海道の日本海側」では雨・雨模様の天気に。その他地域では晴れの天気となる見込みです。

「西日本」を中心に高気圧環境下となりますが、今朝の時点で地震誘発要因は見当たらず。本日も地震活動に大きな変化はないものと考えています。

本日、地震活動が活発&表面化傾向となりそなのが下記エリアです。

*関東周辺(東京都・茨城県・福島県周辺)
*青森県東方沖・北海道南部周辺

その他、注視要素と考えているのが「マグマ活動の促進」。

*富士火山帯周辺
*霧島火山帯周辺

「伊豆諸島周辺」では先日、中規模し甚を含む群発地震がすでに発生していますが・・それぞれでマグマ活動の活力が増している状況。マグマ活動に関連した地震活動に注視が必要と考えています。

現時点で具体的な地震の予兆は見当たりませんが、気になる要素(推察)はいくつか存在しています。

まずは、しっかり推移を観察。地震活動の予兆の有無に注視しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、新たに地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にも特別取り上げるべき要素はありませんでした。