自然エネルギー環境が変化!【2020年6月23日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年6月23日】本日の地震活動傾向

昨日、関東周辺では低気圧の接近に伴い【風エネルギー】が急増。夜に至るまで強風が吹く環境となりました。今日は【風】の影響が様々な要素に表れてきそうな気配があります。

本日2020年6月23日の地震活動傾向!

本日2020年6月23日は庚子年の「先勝」。そして「沖縄慰霊の日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(22日)の地震活動状況

昨日は「西日本~東日本」にて地震抑制力が発生。地震活動は抑制傾向にて推移することとなりました。

有感地震発生数も少な目にて推移。目立った動きもなく、特に気になる要素も見当たりませんでした。

昨日夕方以降になると【風エネルギー】の影響にて、「関東~東北太平洋側エリア」で少々地震が表面化傾向へと転換。適度な地震エネルギーの発散が継続しています。

中規模地震としては下記が発生しているのみ。

*6月22日22時29分 与那国島近海 M4.3 震度2

遠方での地震活動ということもあり、影響はほとんどなし。今後への余波もないものと考えています。

本日(2020年6月23日)の地震活動傾向

本日(2020年6月23日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

今朝の時点で低気圧は関東周辺に存在。「関東~東北太平洋側エリア」では低気圧環境下が続いています。

「西日本」では低気圧の移動に伴い天気が回復。本日は自然エネルギー環境も【金】環境へと変化。昨日と自然環境が大きく変化するものと推測しています。

「西日本」では昨日、地震活動が抑制傾向となっていましたが、本日は抑制力は消滅。地震活動も再び表面化傾向へと転じてくるものと考えています。

ただ現時点で地震誘発要因は見当たりませんので、基本的に本日も地震活動に大きな変化はない見込み。微小・小規模地震を中心に地震発生数が増加傾向となりそうです。

本日、注視要素と考えているのが

*「関東~東北太平洋側エリア」での【風】の影響(活性力)
*「西日本」での【金】【火】の増加に伴う「マグマ活動」の影響

です。

今後の地震活動・火山活動動向を見極める上でも上記要素に関する本日の推移をしっかりと観察しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日か今朝にかけて新たに地震前兆と思える要素は感じられていません。現時点で特に気になる要素もありません。