「北西太平洋 M7.8」の余波に注視!【2020年3月30】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年3月30】本日の地震活動傾向

昨日はここ神奈川県でも本格的な”雪”に。関東首都圏では新型コロナ対策として先週末は外出自粛だったわけですが、”雪”はそんな外出自粛を後押ししてくれる「自然の優しさ」として受け留めています。

そんな”雪”に対して、恒例行事のごとく「異常気象」という言葉が目につきましたが、3月・4月の春季節にて雪が降ることは、地球時間で考えれば、時折ある出来事。

8月の夏季節に関東周辺で”雪”が降ったのであれば、「異常」でしょうが、昨日の雪はあくまでも、「珍しい」範疇の出来事であって、「異常」ではありません。

本日2020年3月30日の地震活動傾向!

本日2020年3月30日は庚子年の「先負」。そして「マフィアの日」なんだそうです。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

先週末(28日~29日)の地震活動状況

先週末(28日~29日)も地震活動に大きな変化・変動はなく推移。適度な地震エネルギーの発散が継続。中規模地震も適度に表面化しています。

*3月29日12時39分 石垣島近海 M5.0 震度2
*3月29日12時52分 石垣島近海 M4.0 震度1
*3月28日09時58分 浦河沖 M4.9 震度3

「石垣島周辺」での地震活動は遠方での出来事ですので、日本列島への今後への影響はありません。

「浦河沖 M4.9」は先週発生した「北西太平洋 M7.8」の影響にて誘発されてきた地震活動と考えています。

この地震による今後への影響はあるものと推測。今後周辺エリアを対象に、地震活動が誘発されてくるものと考えています。

先週末(28日~29日)の火山活動状況

先週、【火エネルギー】が増大。【火エネルギー】の影響が様々な形で生じてきています。

特に富士火山帯周辺でのマグマ活動への影響が促進されており、火山活動(噴火など)が活発・表面化してくる可能性に注視しています。

そんな中、「28日夜~29日朝」にかけて

*「草津白根山」での火山活動(地下の熱水や火山ガスの動きを示す火山性微動及び火山性地震)が表面化

しています。

レジまぐ版メルマガ上では、下記「火山活動予測」を経過観察しており、予測対象活動の予兆を示す動きとして捉えています。

2)群馬県・長野県周辺(草津白根山岳など)
*火山関連活動の促進・発生
*26日~4月5日まで

□予測関連活動(予兆)
*3月28日夜~29日朝
群馬県にある草津白根山の「白根山」では、28日夜、地下の熱水や火山ガスの動きを示すと考えられる火山性微動が観測されたほか、29日朝にかけて火山性地震が増加しました。

引き続き「噴火の可能性」に注視しておきたいと思います。

本日(2020年3月30日)の地震活動傾向

本日(2020年3月30日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日は「西日本」では前線の影響にても本日も雨・雨模様のお天気に。

「北日本」「東日本」では高気圧環境下となっていくとともに、晴れのお天気となりそうです。ただ関東周辺では雲の多いお天気に。

昨日と比較して本日はやや地震が表面化しやすい気象環境となるものと考えています。

本日注視しておきたいのが

*「北西太平洋 M7.8」の余波
*「火エネルギー増加」の影響
*「抑制力」の反動有無

です。

いずれも「小笠原諸島・伊豆諸島周辺」を含めた、東日本・北日本太平洋側エリアが対象となるもの。

これらのエリアにて本日、地震活動は表面化傾向にて推移。複数の有感地震が表面化してくる可能性があるものと念頭にしていただければと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。ただし、地震が誘発されてくる可能性のある要素は複数存在しています。

「地震前兆の有無」に注視しておきたいと思います。

ロングフレアスカート レディース koibitomisaki  40-0007
トライアルセット300×250