地震抑制の反動に要注視【2020年3月25日】本日の地震活動傾向

今日の地震情報

【2020年3月25日】本日の地震活動傾向

ようやく・・本当にようやく、昨夜「東京オリンピックの延期」が決まりましたね。実際はもっと早くにオリンピックが開催できるような状況ではなくなっていたのですが・・。

日本において、個人的には1月時点で「5月頃」が流行のピークとなるものと考えており、その前提にて自分の行動計画を見極めています。

いままでは政府にとって「東京五輪」を最優先事項とした上での対応となっていたわけですが、その「東京五輪」が延期となったことで、新型コロナウイルスへの対応も大きく変化する可能性がありそうです。

そのような変化の可能性を念頭にした個々の対応・行動計画を定めておくことが必要かと。

本日2020年3月25日の地震活動傾向!

本日2020年3月25日は庚子年の「仏滅」。そして「さんぽにゴーの日」なんだそうてず??何やら不思議な記念日に。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(24日)の地震活動状況

想定通り、昨日は地震が増加傾向となりました。特に低気圧の影響がなくなり、高気圧環境下へと移行し始めた、昨夜以降、各地で急激に地震が表面化してきています。

現時点で目立った動き(中規模地震)はありませんが、ここ数日間”抑制”されていた地震活動が一気に表面化してきている感じ。

様々なタイプの地震が活発&表面化してきています。

特に、注視対象としていた

*青森県・北海道南部周辺
*関東周辺
*鹿児島県・宮崎県周辺

にて、地震が増加しています。現時点までに、気になる要素は見当たりませんが、本日以降「抑制の反動」の有無に注視が必要と考えています。

本日(2020年3月25日)の地震活動傾向

本日(2020年3月25日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」が本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

今朝の時点で全国的に高気圧環境下となっています。本日は昨日と比較して、全国的に地震が表面化しやすい気象環境となりそうです。

ここ数日「抑制されていた地震」が存在、それらが一気に表面化してくる可能性に注視しておきたいと思います。

「抑制の反動」に気を付けておきたい主なるエリアが

*青森県・岩手県・北海道南部沖周辺
*関東周辺

です。

上記エリアでは、本日複数の有感地震が表面化してくる可能性を念頭にしておきたいところ。揺れる程度の中規模地震も念頭に。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にも現時点までに特別取り上げるべきものはありません。

本日は、様々な地域で地震前兆・予兆が表面化してくる可能性がありそうです。地震前兆が感じられたときには、レジまぐ版メルマガにてお知らせしていきたいと思っています。

新生活の季節

マットレスの買い替え

本来であれば、今の時期(3月後半)は、人の移動が最も多くなる季節です。勤務地・職場の移動などに伴い、新生活をスタートする人が多くなるから。

ただ、今年はどうなんでしょうね。感染症の影響もあって、なるべく人の移動は控えめとなってるのかもしれません。

とはいえ、新生活を始める方は他季節と比べると多いかと。新生活の準備として、いろいろな要素が必要となりますが、中でも必須となるのが

*寝具

ですよね。

昔は「テレビ」が生活必須アイテムのひとつでしたが、今はテレビを見ない人も増えています。必須の家電ではなくなりつつあるように感じます。

そんな中、新生活をスタートさせるのであれば、「寝具」は新調したいもの。生活に必須のアイテムです。

寝具を新調する場合、ポイントとなるのが「どんなマットレスタイプを選ぶか」ということ。

マットレスを大きく分類すると下記3タイプとなります。

*敷布団タイプ
*ベッドタイプ
*上敷きタイプ

【評価・感想】話題の高反発マットレス「タイプ別」比較!

「上敷きタイプ」とは、既存の敷布団・マットレスの上に敷いて利用する機能性マットレスのことです。

今使用している敷布団・マットレスを捨てるのがもったいないという場合は、新生活に向けて、「新たな機能性」を付加する目的にて、上敷きマットレスを購入するのもありかと。