【2019年8月5日】体感地震予測※地震予測に対応した地震発生「福島沖M6.4」

地震予測情報

地震予測結果の報告

昨日、久しぶりに”緊急地震速報”を聞きました。

”地震”自体には、不安や怖さを感じることのない私なのですが、やっぱり「緊急地震速報」には、いつまでたっても慣れません・・。(汗)

本日2019年8月5日の地震活動傾向!

本日2019年8月5日は己亥年の「大安」。そして「箱の日」なんだそうです。

そんな本日の地震活動傾向をみていきたいと思います。

先週末(3日~4日)の地震活動状況

3日土曜日までは、地震発生数が少な目の状態が継続。”違和感”を感じつつも、「地震活動の周期的なものだったのかな・・」と思い始めていたところ

昨日、下記のような規模のある中規模地震が発生いたしました。

*8月4日19時23分 福島県沖 M6.4 震度5弱

太平洋プレート上境界面周辺で発生したプレート境界型地震と推察しています。

7月30日に小笠原諸島周辺にて発生した大深発系地震(M6.2)による”誘発地震活動”と判断しています。

レジまぐ版メルマガでは、大深発系地震発生の翌日(31日)に体感感知した地震前兆に対して、下記のような地震予測を提示。上記中規模地震は予測に対応する地震となっています。

*茨城沖・福島沖・関東東方沖周辺
*M4.5~M6.8程度
*30日~8月5日まで

■対応地震の発生
*8月4日19時23分 福島県沖 M6.4 震度5弱

問題は「福島県沖 M6.4」による誘発地震の有無。十分誘発地震の可能性があるものと考えています。

また、他にも下記のような中規模地震が発生しています。

*8月4日03時04分 岩手県沿岸北部 M4.2 震度3

上記は特に気になる要素はなし。今後への影響もないものと判断しています。

本日(2019年8月5日)の地震活動傾向

本日、重要な観察ポイントとなるのが下記要素です。

1.「福島県沖 M6.4」影響の有無(誘発地震・前兆など)
2.台風8号の動向

東日本では、 「福島県沖 M6.4」影響 。
西日本では、「台風8号」の動向

が重点観察対象となります。

現時点では、台風8号の規模・威力は大きくありませんが、本日午前中には、「九州・四国周辺」に間接的な影響が届くようになる見込み。

*霧島火山帯周辺での火山活動&地震活動
*フィリピン海プレートへの影響(地震活動)

が主なる観察要素となります。

台風が接近すると「地震抑制力」も生じてくる可能性があることから、本日はとても微妙なバランスの自然環境となりそうな気配。

地震活動がどのような方向性にて推移していくのかを観察しておきたいと思います。

地震前兆の有無

地震前兆と思える体感は「3日土曜日」にも感知がありました。昨日の中規模地震の前兆(前日前兆)を感知した可能性がありそうです。(別の地震活動の可能性も残されています。)

箱の日

本日は「箱の日」です。8月5日の語呂合わせにて定められた記念日となっています。

防災に関連して”箱”というと、やはり「薬箱(救急箱)」が思い浮かびますが、近年では、薬箱(救急箱)を常備していない人も少なくないようなんですよね。

特に若年層の一人暮らしの人の場合、薬を購入しても、それぞれバラバラに保管(置いておく)していることが多いようで、特に「薬箱」を利用していないようなんですね。

まあ、日常的には、それでも十分なんだと思いますが・・。

ただ、避難を要する緊急時にて、薬や救急セットを持って避難したいといったときには、救急箱にまとめられていた方が利便性は高そうです。(まあ、別途、防災袋に救急セットを事前に常備しておけば、救急箱はいらないかもしれませんけどね。)

防災バッグ(袋)と言えば、近年、様々なアイデア商品が登場しています。

こちらの玄関扉に取りつける防災バッグ「OTE(OnTheExit)」は、デザイン性と利便性のアイデアが特徴の防災アイテム。

玄関扉に、マグネットにて吸着しておけるのがポイント。

防災バッグ(袋)を収納内に入れておくと、地震の影響などで、収納が開かないとか、防災バッグがなかなか取り出せないなどといったトラブルが生じることがあります。

そんなトラブルがおきないようにと、「玄関扉」にデザイン性を損ねないように設置しておける防災バッグとして開発されたのが「OTE(OnTheExit)」なんですね。