【2019年6月17日】体感地震予測※気圧変動に伴う誘発地震に注視!

今日の地震情報

6月

6月の後半を迎えています。「東北北部」も梅雨入りとなり、先週末は各地で梅雨前線の影響が表れることとなりました。

今朝も「北海道周辺」では梅雨前線(低気圧)の影響が残っている状況。まだ、大雨などの影響が注意です。

その他地域では、晴れのお天気に。わりと安定感のある自然環境となるものと考えています。

本日2019年6月17日の地震活動傾向!

本日2019年6月17日は己亥年の「先勝」。なんと「おまわりさんの日」なんだそうです。

そんな本日の地震活動傾向をみていきましょう。

先週末(15日~16日)の地震活動状況

関東周辺では、土曜日(15日)と日曜日(16日)で天候・気象環境が大きく変化しています。

気温も 土曜日(15日)と日曜日(16日) とでは、「10度以上」もの寒暖差がありましたからね。

地震活動状況にも少々違いがあって、 土曜日(15日)は全国的に地震活動が促進&活性化することとなりました。

対して、 日曜日(16日)は適度な地震エネルギーの発散は継続していますが、地震活動は安定的な状態へと推移しています。

中規模地震も土曜日(15日)に集中しており、日曜日(16日)は発生していません。

*6月15日17時20分 釧路沖 M4.0 震度2
*6月15日13時47分 三陸沖 M4.5 震度2
*6月15日05時54分 日向灘 M4.2 震度2

まあ、中規模地震といっても、すべて、まったく気にする必要のない動き。基本的には適度な地震エネルギーの発散が続いている状況と捉えています。

本日(2019年6月17日)の地震活動傾向

今朝の時点で低気圧の中心が「北海道東部沖周辺」に位置。当該エリアでは、気圧変動が存在しています。

その他エリアでは、安定的な気象環境に。

本日も地震活動に大きな変化・変動はなく推移するものと考えています。

現在、梅雨エネルギーの影響下にて体感感覚は使えない(あてにならない)状況なのですが・・。一応15日に「耳鳴り系体感」を感知することができています。

まあ、地震とは無関係なのかもしれませんけどね。(苦笑)

そんな推移を加味すると、本日は

*北海道東部沖周辺
*茨城県周辺

にて、地震活動が促進傾向となるものと推測しています。

あくまでも、適度な地震エネルギーの発散の範疇。特別視する必要はないものと考えます。

地震前兆の有無

先ほどお話しましたが、15日に「耳鳴り系体感」を感知しています。ただ、地震前兆判断ができない状況ですので、なんとも言えないところ。

ひとつの出来事として捉えておいていだたければと思います。

火エネルギーの増加

現在は、「金エネルギー」が今年最大となっている状況です。

今週は「金エネルギーの影響」が様々な形で表れてくるものと推測しているところ。個人的には、要注意の週(いろいろな影響が表れやすい時期)として捉えています。

来週になると自然エネルギーの移行期間が始まることに。その後は徐々に「火エネルギー」が増していきます。

自然現象で言うと、「金+火エネルギーの変動」が生じることで「火山活動(噴火活動)」に何かしらの変化が生じる可能性が。

これからの夏季節(火エネルギー月)は、マグマ活動(火山活動)に要注意の季節となります。

同時に、良質な火エネルギーが増すことから

*火エネルギーのパワースポット

も旬を迎えることに。

火属性のパワースポットの効果が最大限に生きる時期ともなります。

【火属性】火エネルギーのパワースポットとは!?