本日2019年5月14日の地震活動傾向!

今日の地震情報

5月

ここ神奈川県では、夜中から本格的な雨となっています。今朝は、”ゴロゴロ”と雷も発生。不安定さを感じる気象環境に。

昨日は、 沖縄県の与那国島地方 にて、1時間あたり100ミリを超えるような記録的な豪雨が観測されています。

今年は「金エネルギー年」、今月5月は「風エネルギーの活性力」が加わりますので、水エネルギーが流入してきたときには、「金の増幅作用」「風の活性力」の2つの作用が重なりますので、豪雨となりやすいのです。

そんな傾向があることを常に念頭にしておいていただければと。

本日2019年5月14日の地震活動傾向!

本日2019年5月14日は、己亥年の「先勝」。「ひよこの日」とのこと。(1・4・5でひよこという語呂合わせのもよう)。本日の地震活動傾向をみていきましょう。

昨日(13日)の地震活動状況

昨日も適度な地震エネルギーの発散が継続する流れとなりました。

特に内陸部での断層型地震(微小・小規模)が全国的に表面化傾向となっています。

中規模地震としては下記が発生しています。

*5月13日18時59分 福島県沖 M4.5 震度2
*5月13日11時59分 硫黄島近海 M4.7 震度1

上記いずれも、まったく気にする必要がない動き。単独の地震活動にて、今後への影響もないものと判断しています。

現在、重点観察中の「10日 日向灘 M6.3」の余波ですが・・。

昨日は「熊本県・大分県周辺」にて余波といえる誘発地震活動が活発・表面化してきました。

複数の微小・小規模地震が発生。下記のような有感地震も表面化しています。

*5月14日05時29分 大分県西部 M3.0 震度2
*5月13日23時54分 熊本県天草・芦北地方 M2.3 震度1
*5月13日14時54分 熊本県熊本地方 M3.1 震度1

ただ、こちらも現時点では、特に気になる状況はありません。あくまでも適度な地震エネルギーの発散が行われているもの。

この程度の余波が表れてくることは、ある意味必然といえる状況ですので、想定通りの推移となっているものと捉えています。

誘発地震活動が表れてきたことから、今後、中規模地震へとつながっていくかどうかが観察ポイントとなるかと。引き続き注視の意識を持っておいていただければと思います。

本日(2019年5月14日)の地震活動傾向

今朝は、西日本・東日本にて不安定な天候に。本日は気象環境・自然エネルギーともに不安定さのある状態にて推移するものと推察しています。

そんな環境下にて、地震活動は促進傾向を維持するものと考えています。

現時点で地震誘発要因が存在していることから、天気が回復したのちに、地震活動がさらに促進・表面化してくる可能性があるものと推測しています。

まずは、本日、地震活動への影響要因の見極めと影響の有無を中心に推移を観察しておきたいと思います。

基本的には、本日も地震活動に大きな変化・変動はないかと。適度な地震エネルギーの発散が継続するものと考えます。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、地震前兆と思える要素は感じられていません。体感的にも特別、取り上げるべき要素はありませんでした。

火山活動動向

先週末の地震活動の影響もあって、現在、複数の火山に対して、火山活動の活発化&噴火活動の可能性に注視。推移を観察しています。

すでに、「阿蘇山」「霧島連山(新燃岳)」などでは、火山活動の促進が感じられる状況に。今後も「桜島」を含めて、しばらくの間、火山活動動向に要注視となります。

風エネルギー月となって、他にも、注視対象となる火山が複数存在。(詳しくは、レジまぐ版メルマガにて。)今後、2.3週間は、噴火活動や火山関連の地震活動に注視が必要なものと考えています。

「五感」の優先順位

今日のように、気象環境・自然エネルギー環境に不安定さが生じると、人に対しても、大きな影響を感じることがあります。

特に、人の感覚(五感など)への影響が生じやすいんですよね。

感覚というと、「五感(視覚、聴覚、臭覚、触覚、味覚)」を思い浮かべるかと思いますが、人に備わっている感覚は、五感だけではありません。

五感以外にも、複数の感覚が秘められているもの。

ただ、それらの感覚をうまく活用することができる人が少ないというだけです。

「五感」に関しても、優先順位があることをご存知ですか?

*五感の優先順位とは!?
*感覚と運気アップとの関係性

に関して、こちらの記事:五感と運気アップの関係性に記していますので、ご参照いただければと思います。

今日の地震情報地震情報

Posted by poppo