昨日は気温が上昇しましたねぇ。各地で「20℃超え」を記録したようです。

日差しが暖かかったというか・・暑さを感じさせてくれましたからね。

ただ、気象環境の変化はとっても早く、今日は早々に天気が下り坂に。夕方頃には関東周辺でも雨となるかもしれません。

雨と共に気温も急降下。本日も気温変動が激しくなりそうです。




本日2018年11月28日の地震活動傾向!

昨日(27日)の地震活動状況

昨日は火エネルギーが増加。気象環境変化と自然エネルギー環境変化が生じるとともに、地震活動が一気に促進・表面化する形となりました。

すでにご報告していますが、関東周辺にて複数の中規模地震が発生しています。

*11月27日08時33分 茨城県南部 M5.0 震度4
*11月27日07時58分 茨城県沖 M4.1 震度1
*11月27日07時26分 福島県沖 M4.1 震度2

ここまで、群発地震は発生していましたが、中規模地震には至らずに推移。そこに”気温変動”など地震誘発要因が加わったことで、中規模地震が一気に表面化してきたものと捉えています。

今朝も

*11月28日06時31分 岩手県沖 M4.1 震度1

上記のような中規模地震が発生。太平洋プレートの動きに関連した地震活動は現在進行形にて活発な状態となっています。

 

また、中規模地震には繋がっていませんが

  • 富士火山帯周辺

でのマグマ活動が変動を生じているようで、関連した小規模地震が「長野県・岐阜県周辺」「伊豆諸島周辺」などで複数表面化してきています。

こちらも現在、注視対象としている要素。今後もしばらくの間

  • 火山活動(噴火活動):焼岳など
  • 地震活動(火山性地震・伊豆半島東部周辺での地震など)

に要注視としたいと思っています。

 

本日(2018年11月28日)の地震活動傾向

今日も大きく気象環境・自然エネルギー環境が変化する模様。再び「気温変動」も生じることとなりそうです。

現在、自然エネルギーの移行期間中で日々自然エネルギーの変動も激しさを増してきています。

「気になる要素」も増加中。

地震活動・火山活動共に要注視と考えています。

昨日「茨城県南部 M5」が発生して以降も、体感感覚が収まるどころか逆に、体感が激しくなりしまたからね。

  • 関東周辺にてまだ内在している中規模地震の可能性
  • 「茨城県南部 M5」による誘発地震活動の存在

に注視しておきたいと思います。

また、本日も「富士火山帯周辺」の動向はしっかりと観察しておきたいところ。現在、感知している体感の中には、富士火山帯のマグマ活動変動の影響も加わっている可能性がありますので。

  • 火山活動(焼岳など)
  • 長野県・岐阜県周辺での地震活動
  • 伊豆諸島周辺・伊豆半島東部沖周辺での地震活動

を重点的に推移を観察しておきたいと思います。

他にも「2エリア」ほど、地震エネルギーの変動などを感じさせる状況がありますので、こちらの推移・動向もしっかりと観察ですね。


エコノバ

エコノバ

地震前兆の有無

体感にて感知できる地震前兆はありません。

ただ、地震前兆が生じている可能性を感じさせる要素は複数存在。推移を観察。変化の有無を見極めていければと思っています。