自然エネルギーの移行期間となっている今週は、天候も日々変化が激しくなりそうです。

九州周辺では、午後になると早々と低気圧の影響が生じてくる見込み。地域によって自然エネルギー状態も異なっており、少々自然エネルギー環境の変動を感じやすい一日となるかもですね。



本日2018年11月27日の地震活動傾向!

昨日(26日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化は無し。目立った地震こそ発生していませんが、地震活動は活発な状態にて推移しています。

主に「関東周辺~東北太平洋側」にて大平洋プレートの動きに関連した地震活動が活発な状態を維持。適度な地震エネルギーの発散が行われています。

*11月26日19時05分 茨城県沖 M4.0 震度2
*11月26日22時04分 宮城県沖 M3.9 震度2
*11月26日18時01分 岩手県沖 M3.9 震度1

連日の体感感覚に応じた地震活動が「東京湾周辺・茨城県・茨城沖周辺」にて発生中。多数の微小・小規模地震が集約的に発生する形で、やや群発的な地震活動となっています。

上記のような中規模地震も含まれていますが、特に気になる要素は無し。適度に地震エネルギーが発散されている状況と理解しています。

本日(2018年11月27日)の地震活動傾向

今朝は全国的に高気圧環境下。午後へ向けて徐々に気温が高まっていく地域が多くなりそうで、昨日よりも本日は地震が表面化しやすい環境となるものと考えています。

状況によっては、「気温変動」が地震誘発要因となる可能性も。

地震前兆の有無に注視しておきたいと思っています。

本日の傾向としては、「内陸部での断層型地震(ひび割れ感覚)」が増加傾向となるものと推測しています。有感地震発生数も増加するものと考えています。

金エネルギーの変動が生じつつある環境下ですからね。

内陸部での地震活動が誘発されやすい自然環境と言えますので。

また、同時に「マグマ活動」を揺さぶる要因ともなりますので、本日も火山活動の変化の有無には、しっかりと注視しておきたいと思います。

”地震エネルギーの変動”等が感じられるエリアも複数存在している状況。地殻内部での動きは、かなり活発化しているものと考えています。

ただ、本日も地震活動に大きな変化・変動はないかと。基本的には適度な地震エネルギーの発散が継続する流れとなるものと思います。


エコノバ

エコノバ

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて、「地震前兆」と判断できる要素はありませんでした。

ただ、体感感覚や地震エネルギー変動など感知できる要素は多々存在している状況です。

 

併せて読んでおきたい関連記事

  1. 首都直下型地震(東京直下)のリクスとは!?