天気の移り変わりがやや激しくなっています。

今日は関東周辺(東日本)では、不安定さのある天候に。東海・北陸地方なども午後へ向けて「雨」のエリアが増えそうです。

反面、九州・中国・四国地方では、天気が回復傾向に。午後には晴れのエリアが多くなりそうですね。

なかなか、安定した「秋晴れの日(暦的にはもう、冬なんですけどね。)」は訪れませんが、気温の変化も含めて、メリハリのある環境が続きそうです。




本日2018年11月9日の地震活動傾向!

昨日(8日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化・変動は無く、適度な地震エネルギーの発散が継続することとなりました。

「中規模地震」の発生もありませんでしたので、ピックアップすべき地震は無しです。

ただ・・・。

まだ、具体的な話が出来る状況ではありませんが、昨日は「3つのエリア」にて、気になる地震活動の促進を感じることが出来ました。(詳細はレジまぐ版メルマガにて)

本日・今週末だけでなく、来週いっぱいは推移をしっかりと観察しておく必要があるものと考えています。

何か具体的な地震前兆などが感知されたときには、当ブログ上でもお話していきたいと思っています。

本日(2018年11月9日)の地震活動傾向

今日は西から低気圧&前線が日本列島上空を移動・通過していくこととなりそうです。

西日本(九州・山陰山陽・四国エリア)では、早々に天気が回復。地震活動も表面化傾向へと移行していくものと考えています。

北陸・東日本・北日本では、「雨」の影響が続く1日となりそうですね。

ただ、気温の低下はさほどなさそうで、「不安定さ」のある気象環境となりそうな気配。こちらも地震活動は表面化傾向にて推移するものと推測しています。

現在

  • 太平洋プレートの動きに関連した地震活動
  • マグマ活動に関連した地震活動
  • 内陸部での地表面付近にて、ひび割れ感覚の地震活動

が同時に表面化傾向となっている状況。中規模地震は無くとも、活発な地震活動と言えます。

地域的には

  • 伊豆諸島・関東周辺
  • 青森県・北海道南部周辺

にて、地震活動が促進中。

今週末に向けて、中規模地震も含めて、複数の地震活動が表面化する・・・そんな流れとなるものと推測しています。

実際に弱いながら「体感感知(耳鳴り系体感、電磁波系体感)」も増えて来ていますからね。関東周辺にて地震活動が促進されていることがわかります。

ただ、本日も地震活動に大きな変化・変動はないかと。低気圧&前線が過ぎた後(明日・明後日)の地震活動変化には注視しておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。