台風21号は、まだしっかりと勢力を有した状態で「北海道北西部」を推進しています。

今回の台風21号は「バランス型」でしたので、想定していたように「影響力」がとても強いものとなりました。今回は、そんな「台風被害」からご報告したいと思います。




本日2018年9月5日の地震活動傾向!

昨日(4日)の台風被害状況(影響)

「台風21号」は、私が思っていたような進路(四国東部周辺~大阪府周辺~能登半島沖周辺)を推移していく形となりました。見事に「土エネルギーが豊富なエリア」を進んでいます。

各地で「暴風」による建物被害が多数発生しているものと思われますが、なんといっても、大きな「2つの被害」が生じています。

一つ目が関西・中部・北陸地方を中心とした「大規模停電」です。

これは、昨日記事でお伝えしていたように、今回の台風の影響として、私が最も懸念していたことの一要素です。現在も停電が続いており、一時「最大で計約240万戸が停電」となったようです。

正直・・やっぱり大規模停電が発生したか・・という印象です。

関西電力によると、午後9時現在、大阪を中心に和歌山、兵庫、京都など8府県で約168万4300戸が停電。中部電力管内では午後7時現在、愛知、岐阜、三重など5県で約69万5320戸が停電した。北陸電力によると、午後8時現在、富山など4県で約1万6040戸が、東北電力でも午後10時現在で7県の約1万4000戸が停電した。

YAHOOニュースより。

これは、「土年」の環境下にて、強いバランス型台風(火・水・風)が到来することがわかっていたことから、推測できた状況なんですね。

「金エネルギー」を除く「火・水・風・土」がすべて急増して、威力を増す状態となったことから、相対的に「金エネルギーの消滅的現象(衰退)」が生じる可能性が高いと考えられたからです。

逆説的考えると、今回「停電」が生じたエリアは「土エネルギー」が高い状態となっていると言えます。

二つ目の被害が「関西国際空港」の孤立化です。

これは、建築家の視点として、関西国際空港の建設時から懸念を感じていた要素なんですよね。空港への連絡通路が「一本の橋」という造りはいかがなものか・・?という懸念があったのです。

今回は、暴風に煽られる形で「タンカーが橋に激突」。その結果、橋げたがずれてしまい通行不可となっています。

まあ、今回のようなケースはまれだとしても、十分、想定出来る要素。「橋上での車両多重事故による大規模火災」などが発生することによっても、橋の通行が遮断されることが推測出来ます。

一般的な建物(ビル)でも「二方向避難」など複数の避難経路の確保が必須となっているのに・・・。何故?という思いがあるわけです。

現在も空港内で「約5000人程度」の人々が閉じ込められた状況となっているとのこと。タンカー内にも、船員がいるようですしね。早く、事態解決となることを願います。

また、暴風による住宅への被害は、小さくとも対処を怠らないようにしておくことが必要です。

今年はもこれから9月・10月とまだまだ多くの台風が上陸してくる可能性がありそうですからね。

「屋根」「雨どい」「外壁」のちょっとした損傷を放っておくのは、「本格的な漏水被害」を招く要因となるもの。

軽メンテナンスに特化した、こちらのイエコマのような専門業者であれば、気軽に、かつ安全に(料金体系が明瞭化されているのは、軽メンテナンスを依頼する業者として、とても重要な要素となりますので。)修繕が可能となります

また、こちらの記事(些細な住宅(戸建て・マンション)修繕にも”火災保険”が活用できる可能性が?!)にてご紹介しているように、上手く対応すれば、「外壁・屋根・雨どい」などの修繕に「火災保険」が活用できるものです。

積極的に、保険の活用は検討したほうが良いものと思います。

昨日(4日)の地震活動状況

昨日は、さすがに「台風21号」の影響下となっていましたので、表面化する地震数は少な目となりました。

ただ、「抑制」はされておらず、地震活動は活発な状態にいて推移しています。

今回の台風では、下記3つの影響が注視要素となります。

  • 強い風エネルギーの影響(活性力)
  • 強い気圧変動の影響
  • 台風エネルギーの付与による影響

です。

そんな中、「強い風エネルギーの影響」として、早々に今朝、下記のような中規模地震が誘発されてくる形となりました。

*9月5日05時11分 茨城県沖 M5.6 震度4

一昨日の時点で「関東周辺」での地震活動に変化(地震活動の促進)が生じていましたので、その流れの中で「風の活性化」が加わり、上記中規模地震が誘発されてきたものと捉えています。

ちなみに、上記中規模地震による今後への影響はあるものと考えています。

現在、太平洋プレートの動きに関連した地震活動が促進中ですからね。必然的に地震活動の誘発へと繋がっていくものと考えています。

 

本日(2018年9月5日)の地震活動傾向

本日は、なんといっても「台風21号の影響」動向に要注視となります。

現時点では、さすがにまだ、具体的な予兆や地震エネルギー変動が感じられる状況とはなっていませんが、これから変化・変動が生じて来るものと考えています。

  • 強い風エネルギーの活性力

の影響は、かなり広範囲にわたっていますからね。

  • 強い気圧変動
  • 台風エネルギーの付与

による影響としては、中規模以上の地震活動が複数誘発されてくる可能性があるもの。具体的な想定は、レジまぐ版メルマガにてお話していますが、いずれにしても、「5日~11日」の期間は複数の誘発地震に注視が必要な期間と考えておいていただければと思います。

ブログ上では、「体感」にて感知出来た地震前兆に対して、地震予測を記する形としております。ゆえに、「関東周辺(東北太平洋側を含む)」での地震前兆に対しては、具体的な話を記していけるものと思っています。

ただ、今回は「関西周辺」「四国周辺」「北陸周辺」などにて誘発地震活動が表面化してくる可能性があるもの。揺れる程度の中規模地震は複数発生してくる可能性があるものと念頭にしておいていだたければと思います。(~11日まで)

 

地震前兆の有無

現時点で具体的に地震前兆と思える要素は感じられていません。