台風21号の余波がまだまだ各地に残されているようです。今年の台風の傾向に関して、こちらの記事(今年(2017年)の台風で気を付けておきたい要素?!)にて、記しているように、土砂崩れ災害が目立っているように感じています。

そんな状況下にて、台風22号が発生することとなりました。

再び日本列島を直撃する可能性を感じさせる台風。台風21号の爪痕が残る状況で台風22号が訪れて来ることとなると・・前回以上に大きな被害に繋がる可能性がありますからね。

台風22号の動向には、常に注視しておいていただければと思います。

本日2017年10月25日の地震活動傾向!

昨日の地震活動状況

昨日は、早々に台風21号に関連した誘発地震活動が表面化する流れとなりました。

主に

*熊本・長崎周辺
*茨城・栃木内陸部周辺
*福島沖・宮城沖周辺

にて、誘発地震活動が複数発生することとなりました。現在も上記地域では、地震活動が活発な状態が続いています。

台風通過後、23日夜に「耳鳴り系体感」を感知していたことは、昨日の記事(https://www.yosoku.website/jishin-20171024/)でお話していましたが、その時の体感に対応する地震活動も昨日発生することとなりました。

*24日12時27分頃 茨城県沖 M4.4

海洋部での浅め震源域での地震となったことから、”揺れ”はほとんど観測されることは無かったようです。浅い場所での地震ということで、”気圧変動”により誘発された地震であるものと判断しています。

ちなみに、上記地震による今後の影響は無いものと思っています。

本日(2017年10月25日)の地震活動傾向

今朝は、ここ神奈川県では曇り空。関東を含めて、本州の中央部では、雨のお天気となるようです。その他の「東北・北海道」「中国地方・四国・九州」では、晴れの天気に。

本州の真ん中だけが、雨なんて・・ちょっと、不思議(まあ、多々ある自然現象なんですけどね)な感じがします。

”気温”も関東周辺(本州の中央部)よりも、北海道周辺のほうが高い気温となるようですからね。

ただ、雨の地域もありますが、気象環境的には全国的に高気圧環境下となっています。昨日同様に地震が表面化しやすい環境となるものと考えています。

昨日、耳鳴り系体感を感知。地震前兆と判断した上で、地震予測を掲示いたしましたが、本日も、新たな地震前兆及び予兆が生じて来る可能性が十分ありますからね。しっかりと推移を観察しておきたいと思います。

基本的には、本日も

*熊本・長崎周辺
*茨城・栃木周辺
*福島沖・宮城沖周辺

では、地震活動が活発な状態で推移するものと思っています。

”揺れる程度”の中規模地震なども発生してくる可能性はあるものと念頭にしておいていただければと思います。

また、上記以外の地域においても台風21号による余波(地震活動の誘発)が生じて来る可能性がありますからね。地震活動の変化の有無にも注視しておきたいと思います。

まずは、本日。現在経過観察中の地震予測に注視しておいてくださいね。

地震前兆の有無

昨日、耳鳴り系体感を感知しています。すでに、地震予測を掲示する形で推移を観察中。本日も注視対象として、念頭にしておいていただければと思います。