昨日、沖縄県の一部で「梅雨入り」となったようですね。まあ、いま日本列島南岸沿いに位置している前線は、まだ「梅雨前線」と言えるような自然エネルギー状態ではないものと感じていますが、本格的な雨をもたらしていますからね。

ただ、今年は「土陰年」ですので、梅雨の期間は短く・・しかも、シトシトとした梅雨らしい雨ではなくて、降るときは、「大雨」といったパターンの梅雨となるのではないかと推測しております。




本日2018年5月9日の地震活動傾向!

昨日(8日)の地震活動状況

昨日も地震活動に大きな変化・変動はありませんでした。

ただ、「抑制力」はかなり薄れたようで、午後以降になると、微小・小規模地震が少し増加傾向となってきています。

”有感地震”としては、特に取り上げるべき動きはありませんが・・。

少し気になる動きを見せ始めたのが

  • 富士火山帯周辺のマグマ活動

です。

  • 伊豆諸島周辺
  • 伊豆半島周辺
  • 神奈川県西部・山梨県周辺
  • 長野県周辺

にて、それぞれ微小・小規模地震が発生してきています。「富士火山帯のライン上」でマグマ活動に関連した地震活動が表面化してきているんですね。

*富士火山帯周辺のマグマ活動の変化

に関しては、体感でも感知していた出来事。

「火山活動」「地震活動」共に今後の推移に注視しておきたいと思います。

また、「太平洋プレートの動き」にも少し変化が見られつつあります。昨日「抑制力」がまだ残っていることもあってか、”深部”で動きが促進されているのが特徴。

*関東周辺

にて、地震活動が少々活発化していくものと推測しています。

本日(2018年5月9日)の地震活動傾向

今日は、西から天気は回復傾向に。「九州」「西日本」では、気象環境が大きく変化することとなりそうです。

「東日本」では、まだ低気圧&前線の影響範囲に。”夕方以降”になると、気象環境・自然環境に変化が生じて来ることとなるかもしれませんね。

そんな環境変化に伴って、「火山活動」「地震活動」にも変化が生じて来るものと考えています。

もちろん、大きな変化・変動には至らないものと思っていますが、「抑制されていた動き」があるようだと、それが反動を伴う形で表面化してくる可能性はありますからね。

今日の時点で、まずは

  • 霧島火山帯周辺の火山活動&地震活動

の変化の有無に注視しておきたいと思います。

また

  • 富士火山帯周辺の火山活動&地震活動

の動向にも注視ですね。

太平洋プレートの動きとマグマ活動が重なり合っているエリアが多いので、特に「地震活動」への影響を見極めていきたいと思っています。





地震前兆の有無

昨夜「耳鳴り系体感」を感知することが出来ました。地震前兆と明確に判断できるものではありませんでしたが、地震前兆の可能性もあるものと考えています。

ただ、「関東周辺での小規模地震」の可能性も含むもの。まあ、あまり気にする必要はないものと考えています。