昨日は安定感のある気象環境となりましたが、今日は全国的にお天気が下り坂・・少々不安定さのある環境となりそうです。

多くの木々が芽吹き。レンゲソウなども花を咲かせるようになって、外はすっかり「新緑」の景色となっています。そんな草花・木々たちにとっては、「雨」もとっても大切な要素ですものね。

”暴風”となるのは困りますが、静かな”雨”であれば、歓迎したいものです。

そうそうインフォメーションをひとつ。

今日から当ブログのトップページデザインが変わりました。

平日は毎日、記事更新していると「各種情報記事」が埋没してしまい、見つからなくなってしまいますからね。

整理をして、トピック的な記事だけでも、簡単に見つかる様にトップヘージに記載するデザインといたしました。

日々の地震活動状況に関しては、「新着記事一覧」にて表記していますので、そちらからご覧いただければと思います。

スポンサーリンク




本日2018年4月11日の地震活動傾向!

昨日(10日)の地震活動状況

昨日は、午後になると高気圧の影響がほとんど消滅。安定的な気象環境となったこともあり、地震活動は減少傾向となりました。

全国的に微小地震は発生していますが、”有感地震”はかなり少なくなっています。

一昨日、活発な動きを見せていた

  • 青森沖・北海道南部沖・東部沖周辺
  • 茨城県周辺

でも、地震活動は減少。もちろん、目立った動きも生じていません。

そんな中

  • 鹿児島周辺

だけは、「マグマ活動」がかなり活発な状態にて推移していることから、昨日もマグマ活動に関連した地震活動が促進。下記のような中規模地震も発生することとなりました。

*4月10日23時29分 薩摩半島西方沖 M4.0 震度3

地震活動としては、まったく気にする必要はない動き。今後への影響などもありません。

本日(2018年4月11日)の地震活動傾向

今日は、北海道の西側から低気圧が発達しながら推移してくることに。全国的にお天気は下り坂となっています。

低気圧から延びた「前線」が日本列島全土に広がっており、本日は、低気圧&前線の影響下となるものと考えています。

昨日午後から今朝にかけて、地震活動は減少傾向となっていますが、本日もその流れが継続するかと。

前線の通過に伴って、複数の地震誘発要因が生じて来る可能性がありますが、今日の時点では、地震活動は低調な動きで推移するものと推測しています。

地震のことはあまり気にすることなく過ごしておきたい一日ですね。

低気圧&前線の影響力が少ない「九州周辺」では、もしかしたら他地域に反して、地震活動が少々表面化してくる可能性があるものと考えています。

「マグマ活動」がとても活発な状態ですので、マグマ活動に関連した地震活動は表面化してくる可能性がありますからね。

とはいえ、「小規模地震」が中心。中規模地震が表面化したとしても、小さ目の規模(M4~M4.4程度)かと。

いずれにしても、ありま気にする必要はなさそうです。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。

体感的にも特別取り上げるべきものは無しです。

 

スポンサーリンク