関東周辺では、9月になって過ごしやすい気温の日々が続いています。昨日は、日差しの強さを感じるひと時はありましたが、空気が”カラッ”としていて心地よさが感じられましたからね。

まだ、本格的に自然環境が”秋”へと変化したわけではありませんが、昼間のセミの声がかなり目立たなくなっており、替わりに、夜になるとコオロギ達の音色が聞こえるようになってきました。今年は、長く秋を感じられるようになるかもしれませんね。

本日2017年9月4日の地震活動傾向!

先週末の地震活動状況

先週末は、台風15号の存在が中心的な話題(気象的)となりました。日本列島に上陸することは無く、大雨をもたらすようなことはありませんでしたが・・これから、地震活動及びマグマ活動への影響有無が気になるところです。

現時点までは地震活動に目立った動き無く、変化を感じさせる状況もありません。台風が過ぎ去った今日以降にどんな変化が生じてくるのか・・がポイントとなりそうです。

*3日06時26分頃 沖縄本島近海 M4.0 震度1
*1日20時34分頃 西表島付近 M4.4 震度2

中規模地震としては、上記のような動きがありました。台風15号の影響が届いていない沖縄周辺で地震活動が表面化していた状況です。中規模地震といっても地震規模は小さく、特に気になる要素もありません。

本日(2017年9月4日)の地震活動傾向

今朝は台風も消滅。全国的に高気圧環境下となってきています。やや地震が表面化しやすい気象環境となっていくかもしれませんね。

現時点では、地震活動に変化を感じる要素は無く、安定的な状態が続いています。表面化傾向を感じさせる要素もありません。

問題は、これから台風15号の余波が地震活動・マグマ活動に生じてくるのかどうかということです。直接的に地震活動を誘発させるような状況はなかったと考えていますが、「マグマ活動への影響」はあるものと推測しています。

ゆえに、これから間接的にマグマ活動を通じて、地震活動にも変化が出てくるのかどうか・・がポイントとなるものと思っています。

まあ、基本的に、ここまで地震前兆などを感じることはありませんでしたので、本日、地震活動に多少変化が生じてきたとしても、大きな変動にはまだ至らないかと。あまり、地震のことは気にすることなく過ごしておきたい一日となりそうです。

体感感覚の有無

台風の影響があった間は、体感感覚を上手く活用することができない状況となっていました。ゆえに、特に取り上げるべき要素はありません。