【2022年5月18日地震情報&予測】地震予測(15日)の対応地震発生(複数)

今日の地震情報

【2022年5月18日地震情報&予測】

今日は前線の影響が消滅。全国的に晴れのお天気となりそうです。「関東周辺」では昨日と本日で大きく自然環境が変化することに。心身への影響(自然環境の影響)も大きくなる一日に

本日2022年5月18日の地震活動傾向!

本日2022年5月18日は壬寅の【風・火】環境に。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(17日)の地震活動状況

昨日(17日)の地震活動状況

※上記「青丸エリア」が昨日、主なる有感地震(中規模地震)が発生した場所となります。

昨日も全体的には地震活動に変化はありませんでした。ただ、夕方以降は前線の影響が消滅すると共に抑制されていた地震活動が一気に顕在化しています。

自然環境が大きく変化した地域で下記のような中規模地震が発生いたしました。

*05月18日 00時34分 奄美大島北東沖 M4.7
*05月17日 22時54分 宮城県沖 M4.1
*05月17日 22時46分 伊豆大島近海(千葉県南部) M4.4
*05月17日 15時04分 八丈島東方沖 M5.0
*05月17日 16時20分 八丈島東方沖 M4.7

15日に耳鳴り系体感を感知していたわけですが、その時の前兆感知に対応する地震が含まれています。下記がその対象地震となります。

*「東京湾」を中心とした円形範囲
(伊豆諸島、房総半島沖、群馬県、茨城県、茨城県沖を含む距離)
*M4.2~M5.6程度
*15日~20日まで

■対応地震の発生
*05月17日 22時46分 伊豆大島近海(千葉県南部) M4.4
*05月17日 15時04分 八丈島東方沖 M5.0
*05月17日 16時20分 八丈島東方沖 M4.7

メルマガ上で経過観察していた地震予測の対応地震に。期間・地域・規模共に予測想定内の動きとなりました。

当該地震による今後への影響も少々ありそうな気配。まずは地震前兆の有無に注視しておきたいと思います。

また「北海道東部周辺」でも太平洋プレートの動きに関連した地震活動が活性化されつつあります。

本日(2022年5月18日)の地震活動傾向

本日(2022年5月18日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」にて本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

本日は昨日雨だった地域でも天気が回復。全国的に晴れのお天気となる見込みです。

自然環境が大きく変化する地域(伊豆諸島・関東周辺など)があることから、それらの地域では地震活動が促進される可能性があります。

全体的な地震活動に大きな変動はないと考えますが、複数の中規模地震が表面化してくる可能性を念頭にしておきたいと思います。

「西日本」では【火】の影響で内陸断層型地震が増加傾向となるのではと考えています。突発的な有感地震の可能性に注視となります。

太平洋プレートの動きは「関東周辺・伊豆諸島周辺」と「北海道東部周辺」で促進されるものと推測。それぞれ地震活動が活発な状態で推移することに。

前兆の有無に関わらず、有感地震(中規模地震を含む)の可能性を念頭にしておきたいと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて新たな地震前兆と思える要素は感じられていません。