【2021年5月26日地震情報&予測】「黄砂」の影響は!?

今日の地震情報

【2021年5月26日地震情報&予測】

昨日は日本全国にて「黄砂」が襲来。関東周辺では昨日夕方から今朝にかけて黄砂が通過していきました。

その「黄砂」の影響もあって今朝は【金陰】エネルギーが多い自然環境となっています。

本日2021年5月26日の地震活動傾向!

本日2021年5月26日は辛丑の「赤口」。そんな本日の地震活動傾向を見ていきたいと思います。

昨日(25日)の地震活動状況

昨日(25日)の地震活動状況

※昨日は中規模地震が遠方(宮古島周辺)のみでの発生となています。

昨日も地震活動に大きな変化・変動はなく推移しています。

想定していたように【金】の増加・変動の影響で内陸断層型地震(微小・小規模地震)が全国的に増加しています。(断層型地震の表面化傾向)

とはいえ、あくまでも適度な地震エネルギーの発散が行われているのみ。特に気になる動きや状況は見られていません。

太平洋プレートの動きに関連した地震活動は低気圧環境下となった影響にてやや減少傾向となりました。

こちらも特に気になる動き・要素はありません。

本日(2021年5月26日)の地震活動傾向

本日(2021年5月26日)の地震活動傾向

※上記「赤丸エリア」にて本日地震活動が促進・活発化。主なる観察対象エリアとなります。

自然エネルギーの移行が始まっています。「黄砂」の影響もあって、早くも【金】が増加し変動も生じています。

本日は【風】【金】の影響力の強い自然環境となる見込みです。

そんな環境下にて「プレート動の促進」「内陸断層型地震の誘発」が行われていくものと推測。全国的に地震活動が表面化傾向となるものと考えています。

特に今夜は【金陰】エネルギーの影響力がとても強くなる可能性がありますので、突発的な内陸断層型地震の可能性(有感地震)に注視しておいていただければと思います。

地震前兆の有無

昨日から今朝にかけて地震前兆と思える要素は感じられていません。